理系男子の流儀

化学系研究開発者が音楽、仕事、お金、恋愛、ライフハックについて自分なりのノウハウ・嗜好を紹介するブログ。特に知識・音楽の収益化、資産運用、ライフハックについて有益な情報を発信したいと考えています。 ※元 : DTM速報 (DTM情報ブログ / 2ch DTM板 まとめサイト)

    スポンサード リンク

    VSTプラグイン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    お世話になっております。

    今回は、メタルコア向けのギター用VSTアンプシミュレータ Joey Sturgis「Toneforgeシリーズ」のご紹介です。

    JST Toneforge - Ben Bruce 公式

    Joey Sturgis とは
    Joey Sturgis (ジョーイ・スタージス)といえば、主にメタルコア系の作品を手掛ける音楽プロデューサーです。「Asking Alexandria、Attack Attack!、Woe, Is Me、The Devil Wears Prada」等、メタルコア界を代表するバンドのサウンドプロデュース、レコーディング、ミックス・マスタリングを行なっています。

    ↓ Joey Sturgis プロデュースアーティストの一例 「Asking Alexandria」


    アンプシミュレーターとは
    アンプシミュレーターとは、アンプを通した出音を再現するエフェクターです。アンプで爆音を鳴らした場合の出音を、自宅のライン録りで再現することができます。
    例えば、最近流行りのハード機材では以下のものがあります。

    ↓ 個人的には、Line6 / POD HDシリーズがコストパフォーマンスが良くおすすめです。



    私がサウンドプロデュースをしているバンドのうち、4つのバンドのギタリストが宅録で使用しています。彼らのPOD HDを使用した音源は、コンテスト入賞や音楽ゲーム、企業のBGMへの採用等の実績もあり、商用レベルでも十分通用しています。





    ハード機材については上記のようになりますが、アンプシミュレーターにはソフトウェア(VST)版もあります。例えば、以下のものが挙げられます。

    上記のうちGuitar RigとGTRは試したことがあります。ただ、個人的な意見ですが、求める基準の出音が得られませんでした。

    ↓ 個人的には、Positive Grid / BIAS FX が最も好きな音で、十分使えそうなのでおすすめです。(まだ試したことはありませんが、ネットでの評判は上々です。)





    VSTアンプシミュレーター Joey Sturgis 「Toneforge Ben Bruce」
    ここから本題ですが、VST(ソフト)アンプシミュレーターには、Joey Sturgisがプロデュースしているものがあります。現在、リリースされているのは以下です。
    • JST / Toneforge 「Guilty Pleasure
    • JST / Toneforge 「Menace
    • JST / Toneforge 「Jason Richardson
      ↑ 元CHELSEA GRINのギタリスト"Jason Richardson"のシグネチャーモデル
    • JST / Toneforge 「Ben Bruce
      ↑ Asking Alexandriaのギタリスト"Ben Bruce"のシグネチャーモデル
    【【メタルコア向け】VSTギターアンプシミュレーター Joey Sturgis 「Toneforgeシリーズ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    お世話になっております。
    DTM速報管理人「ロケットえんぴつ3号」です。


    2017年のWavesブラックフライデーセールが始まりました。

    ①SOUND HOUSE

    サウンドハウス
    サウンドハウス公式ページ

    ↑ 既にWaves Diamond がランキング1位になってます。
     ¥360,000(税抜)¥26,667(税抜)


    Twitterでも話題。


    ②Waves Black Friday Sale 2017 公式サイト

    こちら(公式サイト)からセール内容を確認できます。
    クーポンコードは、「CK901」です。

    2017年Wavesブラックフライデーセール

    ③日本代理店「Media Integration, Inc.」
    日本語なので見やすいです。
    http://www.minet.jp/contents/promotion/waves-monthly-special/

    所感
    【【セール】 2017年 Waves ブラックフライデーセール】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    お世話になっております。
    DTM速報管理人「ロケットえんぴつ3号」です。

    セール情報ブログ等でご存知の方が多いかと思いますが、念のため情報展開します。

    Wavesが創立25周年記念セールを実施しており、14種類のバンドル(まとめ販売)および
    34種類のプラグイン(単体販売)が最大93%割引き
    で購入できます。
    期間限定で2017年9月27日(水)から9月30日(土)までとなっています。


    詳しくは以下のセール特設ページをご覧ください。

    メディア・インテグレーションWaves 25TH ANNIVERSARY SALE!
    http://www.minet.jp/contents/promotion/waves-monthly-special/

    注目プラグイン
    今回セール対象品のプラグインの中で最もおすすめなのが、Waves「Vocal Riderです。
    私は、ミックス時に必ずボーカルに使用しています。

    Vocal Rider ユーザーインターフェース


    詳細な機能解説ページはこちら
    http://www.minet.jp/brand/waves/vocal-rider/


    ミックス時にボーカルの音量を自動でオートメーション処理し、
    均一にしてくれるプラグインで、コンプとは違い音質への影響が小さい点がメリットです。
    【【約90%割引セール】 Waves Vocal Rider ほか 【2017/09/30まで】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    お世話になっております。
    DTM速報管理人「ロケットえんぴつ3号」です。


    管理人Twitterでは、既にアナウンス済ですが、
    こちらのサイトでも情報展開いたします。

    IK MultimediaがVSTプラグイン「T-RackS / Opto Compressor」を
    無償配布しています。(通常約1万円)
    2017年2月10日~16日までの期間限定です。

    T-RackS / Opto Compressor
    T-RackS CS Opto Compressor

    光学式コンプレッサーのサウンドには、独特の質感があり、近年、プロにも注目されています。 Opto Compressorは、ハイエンド光学式コンプレッサーの特徴である極めて音楽的な「ふるまい」を、アナログ・モデリングで忠実に再現しました。ハードウェアの光学式コンプレッサーには、コンプレッション時に歪みや音質の変化が全く存在しないという特性がありますが、Opto Compressorでもこれと全く同じ特性を実現可能です。Opto CompressorはStereoまたはMSモードで動作します。
    公式サイトより引用




    さらに、入手時に、T-RackS Custom Shopをインストールすることで、
    「T-RackS Classic Equalizer」と、「T-RackS Meter」を同時に無償で入手できます。

    T-RackS Classic Equalizer
    Classic T-Racks Equalizer
    Classic T-RackS Equalizeは、マスタリング環境で最高の性能を発揮するよう特別に設計された、高品位な6バンドEQです。EQの構成は、4ポール・ハイパス・フィルター (16Hz~5.3kHz)/Lowシェルビング・フィルター (30Hz~200Hz)/Low-midピーク・フィルター (33Hz~5.4kHz 可変式帯域幅)/High-midピーク・フィルター (200Hz~17.5kHz 可変式帯域幅)/Highシェルビング・フィルター (750Hz~8.5kHz)/4ポール・ローパス・フィルター (200Hz~18kHz)の6通りです。それぞれ周波数帯域とQを調節可能です。楽器からボーカルなどさまざまな素材に対応したプリセットも用意されています。
    公式サイトより引用 

    T-RackS Metering
    T-RackS Meter
    ピーク・メーター、ラウドネス・メーター、位相、RMSメーターなどの内蔵メーター・セクションと、ピーク、RMS、アベレージ・メーターを搭載したスペクトル・アナライザー。
    公式サイトより引用  



    ダウンロード方法

    【【2017/2/16まで】T-RackS Opto Compressor 無料配布中】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    Waves ブラックフライデー・サイバーマンデー 2016年

    お世話になっております。
    DTM速報管理人「ロケットえんぴつ3号」です。

    ブラックフライデーセール(2016/11/25(金)~)の開催により、
    Wavesからセール情報及びフリーVstダウンロードの情報が展開されています。

    私のTwitter(https://twitter.com/rocketpencil3go)では、開始前・開始直後に複数回展開済みなのですが、締切り間近のためこちらでも再度ご紹介しておきます。


    セール期間
    Waves Black Friday / Cyber Mondayプロモーション期間延長Black FridayとCyber Mondayプロモーションの期間が、12月4日(日)まで延長されました。ほとんどの単体プラグインとWaves最大のバンドルMecuryをはじめとする主要なWavesバンドルが、最大90%OFF。Mercuryへのアップグレード全67%OFFも、同じく12/4まで継続します。
    (引用元:http://www.minet.jp/brand/waves/cybermonday2016/)

    ブラックフライデー(Black Friday)とは
    管理人は2011年に本格的にDTMを始めるまで、ブラックフライデーという言葉を知りませんでした。
    簡単に要点をまとめると、
    • アメリカのサンクスギビングデー(感謝祭)である11月第4週木曜日の翌日
    • クリスマス商戦開始の日
    • セールにより利益が生じ、小売販売店が黒字(ブラック)になることから
      ブラックフライデーと呼ぶ
      という解釈が広まっている

    詳細は以下をご参照下さい。
    ブラックフライデー (買い物) - Wikipedia ブラックフライデー (買い物) - Wikipedia 







    DTM界隈におけるブラックフライデーの影響

    DTMソフトのメーカーは海外企業が多いため、
    このブラックフライデーに合わせて、セールが実施されることが多いです。
    例えばWaves, IK Multimedia, ToonTrack, Native Instrument, iZotope等々
    各社が大安売りをします。(半額以下になることも!)

    また、価格の割引きだけでなく普段は有料の製品をフリーで配布することもあります。
    【【Vstプラグイン】 2016年 Waves社ブラックフライデーセール】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    お世話になっております。
    DTM速報管理人「ロケットえんぴつ3号」です。

    SONARの開発等を手がけているCakewalk社から、
    期間限定でLA-2Aのモデリングコンプレッサー「CA-2A」が無料配布されています。

    終了日時は未掲載なのでお早めのダウンロードをオススメいたします。


    CA-2A Leveling Amplifier
    CA-2A Leveling Amplifier FREE
    ダウンロードサイト
    【【期間限定】 LA-2A モデリングコンプ「CA-2A」 無料配布中】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    お世話になっております。
    DTM速報管理人「ロケットえんぴつ3号」です。

    TwitterでVSTプラグインのランキングを見つけたので、ご紹介します。

    【【DTM/EDM】 クラブ系おすすめVSTランキング】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    Waves Black Friday 2015_Free Plugin


    お世話になっております。
    DTM速報管理人「ロケットえんぴつ3号」です。

    ブラックフライデー(2015/11/27(金))に伴いWavesからセール情報及び
    フリーVstダウンロードの情報が展開されました。

    ブラックフライデー(Black Friday)とは

    管理人は2011年にDTMガチ勢になるまで、ブラックフライデーという言葉を知りませんでした。
    ご存じない方のために簡単に要点をまとめると、
    • アメリカのサンクスギビングデー(感謝祭)である11月第4週木曜日の翌日
    • クリスマス商戦開始の日
    • セールにより利益が生じ、小売販売店が黒字(ブラック)になることから
      ブラックフライデーと呼ぶ
      という解釈が広まっている

    詳細は以下をご参照下さい。
    ブラックフライデー (買い物) - Wikipedia ブラックフライデー (買い物) - Wikipedia 







    DTM界隈におけるブラックフライデーの影響

    DTMソフトのメーカーは海外企業が多いため、
    このブラックフライデーに合わせて、セールが実施されることが多いです。
    例えばWaves, IK Multimedia, ToonTrack, Native Instrument, iZotope等々
    各社が大安売りをします。(半額以下になることも!)

    また、価格の割引きだけでなく普段は有料の製品をフリーで配布することもあります。
    【【Vstプラグイン】 2015年 Waves社ブラックフライデーセール】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote








    お世話になっております。
    DTM速報管理人「ロケットえんぴつ3号」です。


    2015年10月8日Waves社が23周年を迎えました。


    それを記念してWavesのVstプラグインのプリセット(300種類以上)を
    簡単なアンケートに回答することでフリーダウンロードできる
    キャンペーンを行なっています。
    詳細はリンク先をご確認下さい。 【【VSTプラグイン】 Wavesプリセット無料配布中】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    いつもお世話になっております。DTM速報管理人の「ロケットえんぴつ3号」です。
    バンドでは主にベースを担当しており、録音は全てDTM環境での宅録で行っています。
    ベースの録音時の音作りのやり方は以前こちらで紹介しました。

    【音源あり】 ベースの音作り・ミックス方法 【DTM/宅録】 : DTM速報【音源あり】 ベースの音作り・ミックス方法 【DTM/宅録】 : DTM速報

    しかし、曲によっては録った後に音抜けを良くしたり、
    ディストーションを掛けた方が良い場合があります。

    今回は録音後にVSTエフェクト(無料)を使用して、
    ベースの音作りをする方法を紹介します。




    ■TSE B.O.D 概要


    今回紹介するエフェクターはフリーVSTプラグイン「TSE B.O.D」です。
    Bass Over Driveの略で、B.O.Dという名称で、
    その名の通りベース用のオーバードライブとなります。

    ↓ユーザーインターフェースはこんな感じ
    no title

    気付いた方も多いと思いますが、
    TECH21のBASS DRIVER DI 「SansAmp(サンズアンプ)」
    エミュレートしたもので音も見た目もそっくりです。




    ↓実機とエミュレートの比較動画はこちら





    ■TSE B.O.D 音作り方法


    ↓こんな感じのセッティングをすればガッツリ歪み、音も太くなります
      この動画を観て、導入を決定しました






    ■TSE B.O.D 使い方


    管理人の場合、DAW上で
    1. TSE B.O.D
    2. イコライザー
    3. コンプ
    4. マキシマイザー
    の順に掛けています。


    ↓管理人が実際に使用したセッティングはこちら
     動画を作ってみました



    TSE B.O.Dにより、
    低域成分が増し、高域の抜けも良くなりました。


    ※ちなみにTSE B.O.D 以外の音作りはこちらで紹介↓

    【音源あり】 ベースの音作り・ミックス方法 【DTM/宅録】 : DTM速報【音源あり】 ベースの音作り・ミックス方法 【DTM/宅録】 : DTM速報 






    ■ ダウンロードはこちら(無料)

    【【ベース用フリーVSTエフェクター】 TSE B.O.D v2.0】の続きを読む


    スポンサード リンク

    このページのトップヘ