理系男子の流儀

化学系研究開発者が音楽、仕事、お金、恋愛、ライフハックについて自分なりのノウハウ・嗜好を紹介するブログ。特に知識・音楽の収益化、資産運用、ライフハックについて有益な情報を発信したいと考えています。 ※元 : DTM速報 (DTM情報ブログ / 2ch DTM板 まとめサイト)

    スポンサード リンク

    VST

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    お世話になっております。

    今回は、メタルコア向けのギター用VSTアンプシミュレータ Joey Sturgis「Toneforgeシリーズ」のご紹介です。

    JST Toneforge - Ben Bruce 公式

    Joey Sturgis とは
    Joey Sturgis (ジョーイ・スタージス)といえば、主にメタルコア系の作品を手掛ける音楽プロデューサーです。「Asking Alexandria、Attack Attack!、Woe, Is Me、The Devil Wears Prada」等、メタルコア界を代表するバンドのサウンドプロデュース、レコーディング、ミックス・マスタリングを行なっています。

    ↓ Joey Sturgis プロデュースアーティストの一例 「Asking Alexandria」


    アンプシミュレーターとは
    アンプシミュレーターとは、アンプを通した出音を再現するエフェクターです。アンプで爆音を鳴らした場合の出音を、自宅のライン録りで再現することができます。
    例えば、最近流行りのハード機材では以下のものがあります。

    ↓ 個人的には、Line6 / POD HDシリーズがコストパフォーマンスが良くおすすめです。



    私がサウンドプロデュースをしているバンドのうち、4つのバンドのギタリストが宅録で使用しています。彼らのPOD HDを使用した音源は、コンテスト入賞や音楽ゲーム、企業のBGMへの採用等の実績もあり、商用レベルでも十分通用しています。





    ハード機材については上記のようになりますが、アンプシミュレーターにはソフトウェア(VST)版もあります。例えば、以下のものが挙げられます。

    上記のうちGuitar RigとGTRは試したことがあります。ただ、個人的な意見ですが、求める基準の出音が得られませんでした。

    ↓ 個人的には、Positive Grid / BIAS FX が最も好きな音で、十分使えそうなのでおすすめです。(まだ試したことはありませんが、ネットでの評判は上々です。)





    VSTアンプシミュレーター Joey Sturgis 「Toneforge Ben Bruce」
    ここから本題ですが、VST(ソフト)アンプシミュレーターには、Joey Sturgisがプロデュースしているものがあります。現在、リリースされているのは以下です。
    • JST / Toneforge 「Guilty Pleasure
    • JST / Toneforge 「Menace
    • JST / Toneforge 「Jason Richardson
      ↑ 元CHELSEA GRINのギタリスト"Jason Richardson"のシグネチャーモデル
    • JST / Toneforge 「Ben Bruce
      ↑ Asking Alexandriaのギタリスト"Ben Bruce"のシグネチャーモデル
    【【メタルコア向け】VSTギターアンプシミュレーター Joey Sturgis 「Toneforgeシリーズ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    お世話になっております。
    DTM速報管理人「ロケットえんぴつ3号」です。

    2017年11月17日にGibson Brands(ギブソン)が、DAWソフト「SONAR」を含む Cakewalk製品の積極的な開発・生産を終了すると発表しました。

    DAW = Digital Audio Workstation

    公式アナウンス文章
    詳細は以下の公式アナウンスをご覧下さい。
    GIBSON BRANDS ANNOUCEMENT REGARDING CAKEWALK, INC.GIBSON BRANDS ANNOUCEMENT REGARDING CAKEWALK, INC. 
    http://www.cakewalk.com/Gibson-Announcement


    Sonar ユーザーの声




    国内ではDAWのシェア5位以内には入る(※)ことから、Sonarユーザーは多く、開発終了を悲しむ方々が多く見られます。

    ※WEB上の複数のアンケート結果で確認

    Sonarユーザーはどうする?
    Sonarユーザーの次に取るべき行動は、DAWソフトの乗り換えだと考えられます。
    Twitterでも多くの方々から、Steinberg「Cubase」やPreSonus「Studio One」等に乗り換えの意志を示す発言が見られました。ごく一部、今後もSonarを使い続けるという発言もありましたが、将来的に他社製の新規音源やVSTエフェクトに対応できないこと等が懸念されるので、合理的ではないでしょう。

    Steinberg「Cubase」への乗り換え

    なんとSteinbergの日本総代理店「ヤマハミュージックジャパン(YMJ)」から、Sonarユーザー向けに「Cubase」の優待販売を行う旨、アナウンスがありました。2017年12月31日まで、Cubase Proが半額です。

    Cakewalk SONAR ユーザー限定 Cubase Pro クロスグレードキャンペーンのご案内
    Cubase Pro クロスグレード from SONAR | SteinbergCubase Pro クロスグレード from SONAR | Steinberg 


    私は、初めて使用した有料のDAWソフトが、Steinberg「Cubase」で、それ以来ずっとCubaseを使い続けています。バンド系の音源制作に使用していますが、不便を感じたことはありません。
    後輩バンドや、当サイトの読者の方にもCubaseをおすすめし続けています。

    この機会に、乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか?


    Cubase Pro 9.5のユーザーインターフェース



    PreSonus「Studio One」への乗り換え

    また、Studio Oneでも同様のキャンペーンを実施しているようです。
    2017年12月31日まで、「Studio One 3 Professional」が半額です。


    Cakewalkユーザー限定オファー
    Studio One 3 Professionalクロスグレード版を50% OFFで提供

    PreSonus Studio One | Cakewalkユーザー限定クロスグレード・オファーPreSonus Studio One | Cakewalkユーザー限定クロスグレード・オファー 

    Cubaseのキャンペーンとの違いは、SONARの全バージョン(※)が割引の対象になる点が挙げられます。 ※Sonar X / Producer / Studio / Essential / Platinum / Professional / Artist 等

    【【DAW】「Sonar」開発終了に伴い、他社DAWへの乗換え支援キャンペーン中】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    お世話になっております。
    DTM速報管理人「ロケットえんぴつ3号」です。


    2017年のWavesブラックフライデーセールが始まりました。

    ①SOUND HOUSE

    サウンドハウス
    サウンドハウス公式ページ

    ↑ 既にWaves Diamond がランキング1位になってます。
     ¥360,000(税抜)¥26,667(税抜)


    Twitterでも話題。


    ②Waves Black Friday Sale 2017 公式サイト

    こちら(公式サイト)からセール内容を確認できます。
    クーポンコードは、「CK901」です。

    2017年Wavesブラックフライデーセール

    ③日本代理店「Media Integration, Inc.」
    日本語なので見やすいです。
    http://www.minet.jp/contents/promotion/waves-monthly-special/

    所感
    【【セール】 2017年 Waves ブラックフライデーセール】の続きを読む


    スポンサード リンク

    このページのトップヘ