理系男子の流儀

化学系研究開発者が音楽、仕事、お金、恋愛、ライフハックについて自分なりのノウハウ・嗜好を紹介するブログ。特に知識・音楽の収益化、資産運用、ライフハックについて有益な情報を発信したいと考えています。 ※元 : DTM速報 (DTM情報ブログ / 2ch DTM板 まとめサイト)

    スポンサード リンク

    ライフハック

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    記事を書いてる人
    化学系研究開発者(国立理系大学院卒/博士前期課程修了)。趣味はDTM/宅録/楽曲制作/楽器(収支±0円)。音楽の話、仕事の話、お金の話、恋愛の話、ライフハックについて当サイトで情報を発信。700万円資産運用中。


    お世話になっております。

    今回は暗号化されたzip / rar / 7zファイルのパスワードを解析するソフト「Archive Pass Retriever」のご紹介です。私が使用するに至った経緯は後述するとして、さっそく本題に入ります。

    PC

    Archive Pass Retriever」の特徴
    • 暗号化されたzip / rar / 7zファイルのパスワードを解析・解除する
    • 無料・フリーソフト
    • インストール不要
    Archive Pass Retriever」の使い方
    1. Vectorからソフトを無料でダウンロード
      https://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/util/se441100.html
    【【無料】 zip / rarファイルのパスワードを解析するフリーソフト「Archive Pass Retriever」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    記事を書いてる人
    化学系研究開発者(国立理系大学院卒/博士前期課程修了)。趣味はDTM/宅録/楽曲制作/楽器(収支±0円)。音楽の話、仕事の話、お金の話、恋愛の話、ライフハックについて当サイトで情報を発信。700万円資産運用中。



    Amazon Kindle 「Fire HD」

    お世話になっております。

    先日、Amazonの電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimitedで、音楽制作の専門誌「サウンド&レコーディング・マガジン (通称:サンレコ)」が読めることに気付いたので、情報展開いたします。

    サンレコとは
    『サウンド&レコーディング・マガジン』(Sound&Recording Magazine) は、リットーミュージックが日本で発行する音響技術・録音技術の専門誌です。 (wikiより引用)

    記事の内容は、プロが実際に行なっているテクニックの紹介や、使用機材の紹介で、DTM中級者以上向けだと思います。以下のAmazonでは、少し中身を試し読みできます。


    Kindle Unlimited とは
    月額980円で12万冊以上の本、コミック、雑誌をKindle(電子書籍)で読み放題可能なプランです。
    Amazonプライム会員とは、別枠なので、プライム会員でもそうでなくても、月額980円が加算されます。非常にお得なプランなので、私も昨年から入会しています。



    電子書籍リーダーは必須?
    Amazonから販売されているタブレット「Fire HD」

    上記があると、重量400g以下なので持ち運びが簡単で、外でも気軽に電子書籍が読めます

    ただ、家でしか書籍を読まない方や、外ではノートPCを持ち歩くという方は、PC用の無料アプリ「Kindle For PC」があれば、電子書籍リーダーは不要です。


    紙の書籍と電子書籍読み放題でどちらがお得か
    • 紙媒体の書籍の場合、定価900円
    • 電子書籍読み放題の場合、月額980円
    極端な仮定ですが、絶対にサンレコしか雑誌・書籍は読まないという方は、紙媒体で毎月購入するのが良いでしょう。
    一方、Kindle読み放題プランのラインナップの中で、サンレコ以外にも毎月読んでいる雑誌がある方、読みたい書籍がある方は確実にお得です。

    Kindle読み放題プランのラインナップ
    上記のようにラインナップは、12万冊以上あるので、さすがにサンレコ以外にも読みたいものがあると思います。
    【【Amazon】Kindle読み放題プランでDTM雑誌「サンレコ」が読めます】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    お世話になっております。
    資産運用について複数回に分けて解説していこうと思います。

    株価-ワールドマーケット

    記事を書いている人の資産運用状況
    まずはこの記事を書いている私の資産運用状況を公開いたします。
    私よりも資産運用が上手くいっている方にとっては、本記事は有益な情報にはならないため、最初に閲覧者様に情報の取捨選択をしていただきたいからです。
    • 元手100万円
    • 2015年4月 資産運用開始
    • 2017年12月 トータル+192万9108円
    • 1ヶ月あたり6万円の収入 (32ヶ月平均)
    32ヶ月で+192万円ですが、この金額を少ないと思う方は、お手数ですが他の解説ブログをお探し下さい。当ブログでは、収入金額を見ていただくと分かるように、一獲千金を狙う方法ではなく、本業や趣味の片手間にローリスク・ローリターン狙いでじっくり運用する方法を紹介いたします。

    また、私は理工学研究科出身であるため、資産運用方法については、完全に独学と経験で身に付けた方法の紹介になります。これをご了承いただいた方のみ本記事を閲覧下さい。





    ライフプランの設計の必要性

    それでは、解説の第1回目スタートです。
    資産運用を行う際、まずはじめに「ライフプランの設計」を行う必要があります。
    理由は、今後の人生において必要なお金を把握して、毎月の「使うお金」、「守るお金」、「攻めるお金」を決めるためです。

    • ①毎月使うお金…固定費(食費・光熱水費・通信料・家賃など)
    • ②毎月守るお金…ライフイベント(結婚・出産・子育て・住宅購入・親の介護・自分の老後生活費)に必要な金額を毎月あたりに換算した金額
    • ③毎月攻めるお金…資産運用に回せるお金

    これを把握していないとどうなるでしょうか。
    「使うお金」「守るお金」まで資産運用に回して、もし運用に失敗した場合、人生設計が狂い、最悪の場合取り返しがつかないことになってしまいます。株・FXで失敗して人生終了という話は、ネット上で検索すれば多く出てくるので、怖い・危ないイメージがある方もいると思います。
    しかし逆に言えば、「攻めるお金」をしっかり把握し、計画的に運用していれば、失敗しても人生の全体計画には大きな狂いは生じないはずです。

    したがって、まずは「ライフプランの設計」を行なうことが重要なのです。





    ライフプランを設計してみよう


    ライフプランニング

    ではさっそくライフプランの設計をしてみましょう。



    • ①毎月使うお金…固定費(食費・光熱水費・通信料・家賃など)
    家計・貯金箱


    20代単身世帯の平均額


    食費
    :4万5000円
    電気代:3300円
    ガス代:2500円
    水道代:1300円
    通信費:7500円
    交際費:1万円
    被服費:1万2000円
    教養・娯楽費:2万円
    家賃:6万6000円

    合計は16万7000円となっています。
    ここでは例として、総務省統計局の調査結果による平均額(34歳以下単身世帯)を記載しました。
    (※家計調査|総務省統計局)

    住んでいる地域や、個人によって差が出るので、自分の場合を計算してみることを推奨します。





    例えば、
    私の場合(20代独身男性)

    食費:3万1500円
    電気代:4800円
    ガス代:2500円
    水道代:3000円
    通信費:5300円
    交際費:3万円
    被服費:1万円
    教養・娯楽費:2万円
    家賃:7万6000円

    合計は18万3000円でした。
    家賃・交際費が高く、平均より少し高い程度になりました。




    • ②毎月守るお金…ライフイベントに必要な金額を毎月あたりに換算した金額
    守るお金_イメージ

    様々なサイトの情報から推定したライフイベント費用

    結婚式・新婚旅行・新生活準備
    :519万2000円
    出産:28万円 ( =出産費用70万円 - 出産育児一時金42万円)
    子育て(大学までの学費):1000万円

    車の購入:300万円 (推定)
    車の維持費:月1万円 (推定)

    住宅の購入:2500~3000万円 (推定)

    老後の生活費:2000万円 (推定:平均寿命までの生活費に年金を考慮した場合)

    例えば、上記全てのライフイベントを予定している場合は、合計7230万円となります。
    これを勤続月数(40年×12ヶ月)で割ると、月15万円貯金が必要となります。(※家を買う場合は、家賃が掛からなくなるので、今回の定義では使うお金が守るお金に移動しています。)

    ただ、この計算は単純に勤続年数で割った値であり、それぞれの必要時期を考慮していません。例えば、結婚を20代後半に予定している場合は、その関連イベントまでにお金を貯める必要があります。
    また、人によって価値観、人生設計が大きく異なるので、これは必ず自分で計算する必要があります





    例えば、
    私の場合
    車と家は全く欲しいと思わないのでほぼ確実に買わない、結婚は婚活中なので一応予定する、ということを考慮し、以下の通り見込んでいます。


    結婚式・新婚旅行・新生活準備:519万2000円
    出産:28万円 ( =出産費用70万円 - 出産育児一時金42万円)
    子育て(国立理系大学院までの学費):1134万円
    老後の生活費:2000万円 (推定:平均寿命までの生活費に年金を考慮した場合)

    合計3570万円で月あたり7万3000円となりました。現実的な数字になったと思います。



    ちなみに転職エージェントサービスDODA(デューダ)による調査によれば、20代(平均年収354万円)の平均貯金額は毎月5万円とのことです。こちらもご参考まで。
    【【第1回】 あなたもできる資産運用 「ライフプランの設計」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    お世話になっております。
    DTM速報管理人「ロケットえんぴつ3号」です。

    2017年9月~10月に、ためになった情報・面白かったネタをまとめます。

    DTM雑誌

    ためになった情報 「音楽 / DTM」
    私自身は、大学院生のとき、化学系研究開発者と音楽関係職と同じくらい興味がありました。
    ただ、生涯賃金や安定性など大きな差があったため、本業は化学を選択し、音楽は副業にすることにしました。

    今学生で音楽業界を選択肢に入れている方は、上記のような記事で自分が向いている職業を把握し、それと音楽以外の職業の全ての選択肢を比較した上で人生設計を考えるのが良いと思います。
    就職活動をせず、学生バンド・趣味の音楽活動の延長等を何となくで選択し、それだけでフリーランスとして生活できている方はごく一握りです。(大学の知り合いでその選択によって後悔している方々が数名います…。)




    記事の結論:1~3ヶ月を目安に交換。弦を交換した日をメモして交換周期を把握しておく。

    私の場合、エリクサーを使用しており1年以上交換してないです。
    徐々に高域の抜けが劣化していく気がしますが、宅録の際は、DAW上のイコライザーで、4000Hz・8000Hzを狭い範囲でブーストすることで対応しています。



    ただ上記の記事の通り、頻度を決めて変えた方が良さそうですね。



    • オーディオストックで注目したいと思った方々
    商用音源配信サイト「オーディオストック」で見つけた、バンド系で売れていそうな方々。
    私も是非参考にしたいと思いました。

    ■ ポリスピカデリー さん
     https://audiostock.jp/account/7784
     ↑ 爽やかなロック系。高音質。

    ■ Mors mos さん
     https://audiostock.jp/audio/117084
     ↑ 自分以外にメタルコアを配信している方がいたことに驚き。
        メタルコアは需要が少ないですが、供給も少ないので、意外と売れるのです。




    • メロディーのバリエーション ハモり 3度 6度 3rd 6th harmony


    わかりやすいハモリの解説。


    • [検証] ギターの種類によって曲の雰囲気は変わるのか


    音が変わるのは当然ですが、どのように変わるかを端的に示していてわかりやすいです。
    15歳(中学3年生)のMOTさんのオリジナル曲、演奏が素晴らしいです。

    テレキャスターが欲しくなります。


    • マイク20本集めて音質比較してみた!!

    マイクのボーカル用途での機材特性比較。



    • 同じ和音とリズムからの作曲方法

    ためになった情報 「音楽以外」
    • 知らないと危険すぎる!落雷からの避難方法と必要な雷対策
    https://car-rider.jp/weblog/%E8%B1%86%E7%9F%A5%E8%AD%98/%E8%90%BD%E9%9B%B7%E9%81%BF%E9%9B%A3%E6%96%B9%E6%B3%95/

    記事の要点:
    「ビルの軒先・高い物・木からは、できるだけ離れる」が原則。傘を差すことは危険。
    建物の中や、自動車の中に避難すること。

    【【雑記】 2017年9月~10月 「ためになった情報・面白かったネタ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    088A3059

    お世話になっております。
    DTM速報管理人「ロケットえんぴつ3号」です。

    会社の後輩や友人から「ふるさと納税」について聞かれる機会が増えてきたので、
    見せて説明するために記事にしておきます。

    ふるさと納税とは
    詳しい説明は、Googleで「ふるさと納税で検索」すれば、大量の解説ページが出てきます。
    したがって、ここではごく一部の表面的な内容を簡単にご説明します。

    ふるさと納税とは、税金の一部を自身の居住する自治体の代わりに、他の自治体に納めることができる制度です。地元を離れ就職した方が、ふるさとに納税することができるため、「ふるさと納税」という名称になったと考えられます。また、他の自治体に納税することで、豪華な御礼の品がもらえるため、よく話題となっています。


    私が感じたメリットとデメリットは以下です。
    • メリット
      ・手数料2000円で数万円相当の返礼品が手に入る
       ※価格は選択した返礼品による

    • デメリット
      ・申請書類を一枚用意する手間が掛かる (10分程度で済むごく簡単な書類記入)
    結論としては、上記のデメリットとメリットを比較して、メリットの方が大きいと考える方は、ふるさと納税を行うと得することになります。(大半の方にメリットの方が大きいと判断されているため、ふるさと納税は話題になっていると考えられます。)

    私がふるさと納税で選択した返礼品・自治体の一例
    2017年度は、納税先のひとつに「岡山県笠岡市」を選択しました。


    選定理由は、私の場合、手数料2000円で米80kgを入手することができ非常にお得だからです。
    米80kgは、農林水産省のデータから約2万円だと判断した場合、2000円の支払いで2万円の品物が手に入ることになります。

    また、ふるさと納税申込みサイトは、
    などいろいろありますが、一番のおすすめは、楽天ふるさと納税 です。
    理由は、納税で支払った金額に楽天ポイントが付与されるからです。

    楽天ふるさと納税_2017 - s

    上記の場合、4万円の納税で、2400ポイント付与です。
    これで手数料2000円が、2400ポイント付与されることで実質無料になりました。

    したがって、タイトルの通り無料で約20000円の返礼品を入手できます。

    楽天ふるさと納税の申込み方法
    1. 控除金額シミュレーター(楽天)で自分がいくらまで、手数料2000円で納税(寄付)でき、
      納税金が全額免除されるかを調べる。
      ※年収と扶養家族で大きく変動し、ここで算出された値以上の納税をすると損をする場合があります。必ず事前に控除金額シミュレーターで算出することをおすすめします。

    2. 楽天ふるさと納税にアクセスし、御礼の品を探す。
      返礼品のジャンル、納税金額、自治体などから検索可能です。

    3. 商品をかごに入れ、ポイントが付与されることを確認して会計を完了する。
      このとき、自分で確定申告が不要な会社員の場合、
      ワンストップ特例申請 (特例申請書)を要望する」を選択して下さい。

    4. 後日、ワンストップ特例申請が郵送されてくるので、
      日付の記入、マイナンバーの記入、押印をして提出。
      (記入例はこちら)

    たったこれだけです。

    年収が高く、さらに扶養家族が少ない方は、手数料2000円で多額の納税が可能なので、
    ポイント付与額も返礼品の価格も大きくなります。

    非常に得な制度だと考えられますので、
    よろしければ是非ご検討ください。(今年度の締切りは12月末)


    ご参考 「DTM / 楽器 関連の返礼品」

    【【ライフハック】実質無料で数万円の品物を入手 ~ふるさと納税のすすめ~】の続きを読む


    スポンサード リンク

    このページのトップヘ