DTM速報

元 : 2ch DTM板 まとめサイト
現 : DTM情報ブログ (バンドサウンドに特化)

    スポンサード リンク

    マスタリング

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    お世話になっております。
    DTM速報管理人「ロケットえんぴつ3号」です。

    10/29(日)にM3-2017秋<第40回即売会>が開催されます。
    http://www.m3net.jp/attendance/

    M3とは「Music + Media-mix Market」の略で、CDを中心とした音系・映像・マルチメディア作品を手売り販売する人々と、それらを購入する人々が集まるイベントです。参加人数は毎回約1万人の大きなイベントです。

    東京流通センター(TRC)


    問題点「CD取込み時に曲名が自動取得されない」
    自作CD曲名自動表示

    M3等で購入した自作CDを取り込む時、「このCDの曲名がオンラインで見つかりませんでした。」等と表示され、曲名が自動表示されないことがあります。

    自作CD 曲名が自動表示されない - s

    このような状態だと、リスナーの方々が自分で曲情報を入力する必要があります。
    これは製作者が事前にCDDBに曲情報を登録していないことが原因です。

    その対策は以下です。
    【【CDDB】 自作CD読み込み時に曲名を自動表示させる方法】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    お世話になっております。
    DTM速報管理人「ロケットえんぴつ3号」です。

    セール情報ブログ等でご存知の方が多いかと思いますが、念のため情報展開します。

    Wavesが創立25周年記念セールを実施しており、14種類のバンドル(まとめ販売)および
    34種類のプラグイン(単体販売)が最大93%割引き
    で購入できます。
    期間限定で2017年9月27日(水)から9月30日(土)までとなっています。


    詳しくは以下のセール特設ページをご覧ください。

    メディア・インテグレーションWaves 25TH ANNIVERSARY SALE!
    http://www.minet.jp/contents/promotion/waves-monthly-special/

    注目プラグイン
    今回セール対象品のプラグインの中で最もおすすめなのが、Waves「Vocal Riderです。
    私は、ミックス時に必ずボーカルに使用しています。

    Vocal Rider ユーザーインターフェース


    詳細な機能解説ページはこちら
    http://www.minet.jp/brand/waves/vocal-rider/


    ミックス時にボーカルの音量を自動でオートメーション処理し、
    均一にしてくれるプラグインで、コンプとは違い音質への影響が小さい点がメリットです。
    【【約90%割引セール】 Waves Vocal Rider ほか 【2017/09/30まで】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    お世話になっております。
    DTM速報管理人「ロケットえんぴつ3号」です。


    管理人Twitterでは、既にアナウンス済ですが、
    こちらのサイトでも情報展開いたします。

    IK MultimediaがVSTプラグイン「T-RackS / Opto Compressor」を
    無償配布しています。(通常約1万円)
    2017年2月10日~16日までの期間限定です。

    T-RackS / Opto Compressor
    T-RackS CS Opto Compressor

    光学式コンプレッサーのサウンドには、独特の質感があり、近年、プロにも注目されています。 Opto Compressorは、ハイエンド光学式コンプレッサーの特徴である極めて音楽的な「ふるまい」を、アナログ・モデリングで忠実に再現しました。ハードウェアの光学式コンプレッサーには、コンプレッション時に歪みや音質の変化が全く存在しないという特性がありますが、Opto Compressorでもこれと全く同じ特性を実現可能です。Opto CompressorはStereoまたはMSモードで動作します。
    公式サイトより引用




    さらに、入手時に、T-RackS Custom Shopをインストールすることで、
    「T-RackS Classic Equalizer」と、「T-RackS Meter」を同時に無償で入手できます。

    T-RackS Classic Equalizer
    Classic T-Racks Equalizer
    Classic T-RackS Equalizeは、マスタリング環境で最高の性能を発揮するよう特別に設計された、高品位な6バンドEQです。EQの構成は、4ポール・ハイパス・フィルター (16Hz~5.3kHz)/Lowシェルビング・フィルター (30Hz~200Hz)/Low-midピーク・フィルター (33Hz~5.4kHz 可変式帯域幅)/High-midピーク・フィルター (200Hz~17.5kHz 可変式帯域幅)/Highシェルビング・フィルター (750Hz~8.5kHz)/4ポール・ローパス・フィルター (200Hz~18kHz)の6通りです。それぞれ周波数帯域とQを調節可能です。楽器からボーカルなどさまざまな素材に対応したプリセットも用意されています。
    公式サイトより引用 

    T-RackS Metering
    T-RackS Meter
    ピーク・メーター、ラウドネス・メーター、位相、RMSメーターなどの内蔵メーター・セクションと、ピーク、RMS、アベレージ・メーターを搭載したスペクトル・アナライザー。
    公式サイトより引用  



    ダウンロード方法

    【【2017/2/16まで】T-RackS Opto Compressor 無料配布中】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    お世話になっております。
    DTM速報管理人「ロケットえんぴつ3号」です。

    今回は、無料のマスタリングサービス「音圧爆上げくん」のご紹介です。
    メタルコア等ラウド系の音圧厨の方々にとっては心惹かれるネーミングですね。

    音圧爆上げくん

    特徴
    • 無料!(今のところ)
    • 会員登録など一切手続き不要
    • オンラインブラウザ上で完結するので、ソフトのダウンロード・インストール不要
    • わずか5~10分程でマスタリング処理完了
       
    音圧爆上げくんの使い方
    1. 公式サイト「https://bakuage.com/」にアクセス
      ※機能の利用はPC限定です
    2. 爆上げオプション「自動マスタリングを同時に行う」のチェック有無を選択
      ※チェックを入れると最適なイコライザー処理等も行われます
    3. サイト画面上にWAVファイルをドラッグ・アンド・ドロップ
    4. 5~10分放置
      ※進捗度合いが「%」で表示されます
    5. 結果画面確認・完成音源(WAV)ダウンロード

    実際に使ってみた
    音圧爆上げくんでマスタリングを行なってみました。
    ラウドネス・RMSが爆上げされ、ピークが0dBまで詰められています。
    また、音圧増加で失われがちなダイナミックレンジがしっかり残っています。

    ↓ マスタリング結果画面
    音圧爆上げくん結果画面


    また、「マスタリング前」と、「爆上げくんマスタリング」と、
    「私自身によるマスタリング」それぞれのファイルをご用意し、以下にアップロードしました。

    Dropbox - 音圧爆上げくんTESTDropbox - 音圧爆上げくんTEST

    アップロードファイル
    • 00-[Mastering前] 存在証明 - Doors To Memory
    • 01-[セルフMastering後] 存在証明 - Doors To Memory
    • 02-[爆上げくんMastering後] 存在証明 - Doors To Memory

    「00-マスタリング前」と「02-爆上げくんマスタリング」を聴き比べることにより、
    爆上げくんによる音圧を上げる効果がわかります。


    また、「01-セルフマスタリング」と、「02-爆上げくんマスタリング」は、
    管理人が個人的に比較するために用意しましたので、ご参考まで。
    (セルフマスタリングの方が音圧は高いのですが、その分ダイナミクスは失われています。)


    比較を踏まえたメリット・デメリットを以下に示します。

    メリット
    • ある程度音圧の高い音源がわずか5~10分で得られる
    • 自身でマスタリングを行う場合の作業時間が掛からないため、
      作曲・編曲に時間を掛けることができる
    • 音源の解析結果(RMS、ラウドネス、ダイナミックレンジ、波形、スペクトラム、音圧ヒストグラム)を変換前後で見比べることが可能なため、ミックス処理を見直すことができる

    デメリット
    • 細かいこだわりが反映できない
      (例) 音圧レベルの程度、M/S処理、目立たせたい帯域の局所的なブーストなど

    所感
    管理人の場合、以下のようにマスタリングで音質調整を行うところまでを制作と考えています。

    【メタルコア曲】 音作り・ミキシング方法 「マスタリング編」 : DTM速報【メタルコア曲】 音作り・ミキシング方法 「マスタリング編」 : DTM速報

    ただ、バンドメンバー間で制作中の音源のイメージを共有するときなど、
    こだわった音質調整が必要ない場合は、非常に有効だと思います。

    さいごに
    素晴らしいマスタリングツールにもかかわらず無償ですので、是非使ってみてください。
    【【無料】 オンラインマスタリング「音圧爆上げくん」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    お世話になっております。
    DTM速報管理人「ロケットえんぴつ3号」です。

    SONARの開発等を手がけているCakewalk社から、
    期間限定でLA-2Aのモデリングコンプレッサー「CA-2A」が無料配布されています。

    終了日時は未掲載なのでお早めのダウンロードをオススメいたします。


    CA-2A Leveling Amplifier
    CA-2A Leveling Amplifier FREE
    ダウンロードサイト
    【【期間限定】 LA-2A モデリングコンプ「CA-2A」 無料配布中】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    いつもお世話になっております。

    DTM速報管理人の「ロケットえんぴつ3号」です。

    私のバンド「Doors To Memory」ではベース、ドラム、ミックスダウン、マスタリングを担当しています。
    今回は2016年6月にデモ楽曲1曲目のオケが完成したので、マスタリング方法を情報展開致します。
    あくまで私の好み、考え方による個人的な方法なのでご承知おき下さい。

    まずはミックス/マスタリング前後の音源をご試聴頂き、参考に値するか判断をお願いします。
    ※記事の作製まで時間が空いたため、メインのバンドが変わりました。
     それに伴い解説楽曲も変更しています。
    ①音源(ミックス処理あり、マスタリング処理あり)

    ②音源(ミックス処理あり、マスタリング処理なし)

    ③音源(ミックス処理なし、マスタリング処理なし)



    本記事はマスタリング方法の解説なので、①と②を聴き比べて下さい。





    以下の記事に分けてミックス前の音源から
    ミックス、マスタリング後の音源に仕上げていく過程を解説していきます。

    1. ギター編

    【メタルコア曲】ミキシング方法 「ギター編」 : DTM速報【メタルコア曲】ミキシング方法 「ギター編」 : DTM速報

    2. ドラム編
    【メタルコア曲】ミキシング方法 「ドラム編」 : DTM速報【メタルコア曲】ミキシング方法 「ドラム編」 : DTM速報

    3. ベース編
    【メタルコア曲】ミキシング方法 「ベース編」 : DTM速報【メタルコア曲】ミキシング方法 「ベース編」 : DTM速報

    4. ボーカル編
    【メタルコア曲】ミキシング方法 「ボーカル編」 : DTM速報【メタルコア曲】ミキシング方法 「ボーカル編」 : DTM速報

    5. マスタリング編

    今ココ!
    【【メタルコア曲】 音作り・ミキシング方法 「マスタリング編」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    お世話になっております。
    DTM速報管理人「ロケットえんぴつ3号」です。

    DTM情報の展開です。
    ももクロ等アイドルへの楽曲提供や、また、自らも歌手として活動する
    ヒャダイン(前山田 健一)さんのミックス・マスタリングTipsを見つけました。

    今回紹介する記事は2008年に執筆された内容なので、
    本ページに貼り付けたヒャダインさんの2008年頃の代表作をお聴きの上、
    情報の取捨選択をされると良いかと思います。

    DTMバナシ #04|ヒャダイン オフィシャルブログ 「ヒャダインのチョベリグ★エブリディ」 Powered by Ameba DTMバナシ #04|ヒャダイン オフィシャルブログ 「ヒャダインのチョベリグ★エブリディ」 Powered by Ameba
    ミックス・マスタリングTipsが執筆された2008年頃の作品
    Original Song"The World Warrior" Street Fighter II
     

    Flashman
     
    2011年の代表作 
     
    Tips解説内容まとめ
    全般
    • ミックスはアレンジ中に並行して行う
    • マスタリングは2Mixを書き出さず、1つのプロジェクトで完結させている
    • ミックス~マスタリングで100回以上は音源を聴く
    ミックス「定位,パン」 
    • 同系統の音色は定位を明確に分けている
    • ハープ、エレキピアノ等のシーケンスフレーズには、
      オートパンを好んで使用
      大き目にパンを左右に揺らして立体感を出す
    ミックス「EQ」
    • 音抜けを良くするため2000Hz辺りをブーストすることが多い
    • その際は、ハイはカットする
    • ベース・バスドラ(キック)の超低域は上げ過ぎない
    • 超高域も上げ過ぎない
    ミックス「コンプ」
    • アレンジ、歌がほぼできた段階から、マスターチャンネルに
      マスタリングコンプを掛けっぱなしで作業する
    • さらに、ボーカル、ベース、バスドラ(キック)にも強くコンプを掛け、
      その後、全体のバランスを整える
    楽曲モニター方法
    • DAW上で爆音で最初から最後まで確認
    • DAW上で微音で最初から最後まで確認
    • ヘッドホンで確認し、書き出す(ミックスダウン)
    • iPodに書き出した曲を入れ、散歩しながら聴く
      【再確認項目例】
      ベース音量、ボーカル音量、ボーカルピッチ、歌詞、音圧レベル
    【【DTM】 ヒャダインさんのミックス・マスタリングTips】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    お世話になっております。
    DTM速報管理人「ロケットえんぴつ3号」です。

    今回はDTMにおける宅録環境改善方法のひとつ
    モニタースピーカーのおすすめ設置方法」をご紹介します。
    モニター設置方法を最適化することでレコーディング・ミックス環境が
    大幅に改善し、楽曲のクオリティの向上に繋がります。

    目次
    1. スピーカー設置方法比較
       机に直置き
       インシュレーター
       スピーカースタンド
    2. 安価な代用品の紹介

    使用スピーカー






    使用オーディオインターフェイス


    1-1. モニタースピーカー設置方法 「机に直置き」
    モニタースピーカー机に直置き
    メリット
    • コストが掛からない
    • 移動が容易
    デメリット
    • スピーカーが机と共振することで机が鳴り、
      特定の周波数帯域の音が大きくなったり小さくなったりする
      (特に低音が大きくなる印象)
    • 机からの反射音により、定位・リバーブ感が不明確になる
      (各楽器が混ざってボヤけて聴こえる)
    • リスニングポイントの高さ調整が机か椅子でしかできない
    1-2. モニタースピーカー設置方法 「オーディオインシュレーター」
    モニタースピーカー+インシュレーター

    使用インシュレーター


    メリット
    • 比較的低コスト
    • スピーカーと机との共振対策になり、
      低音がぼやけずクリアーに聴こえる
    デメリット
    • 低コストだが、無料ではない
    • 大幅に改善はされているが、机からの反射音がある
    1-3. モニタースピーカー設置方法 「スピーカースタンド」
    スピーカースタンド_20151226 (6)

    スピーカースタンド_20151226 (8)

    ※スピーカースタンド+インシュレーターで使用していますが、
     インシュレーターなしでもあまり違いは感じられませんでした。

    使用モニタースピーカースタンド



    メリット
    • 机とスピーカーが分離(アイソレーション)されることで、
      共振対策となり、低音が明確に聴こえる
      (正直、インシュレーター使用時と比較し、劇的な違いはない印象です)
    • 机との距離が確保できるので、机からの反射音が抑制され、
      定位・リバーブ感が明確にモニタリング可能 
    • リスニングポイントの高さ調整が容易に可能
    デメリット
    • 比較的安価ではない
    • 地震時の耐震対策が必要な場合がある
    2-1. 安価な代用品 「10円玉インシュレーター」
    10円玉インシュレーター

    使用方法
     スピーカーの底面四隅に3枚重ねで設置

    メリット
    • 10円玉3枚×4隅×2セット = 240円という安価で設置可能
      実質無料
    • 机とスピーカーの共振を抑制することで、
      特定の周波数帯域のピーク(増幅)やディップ(減衰)を防止
    デメリット
    • 見た目があまり良くなく、暫定対策感が否めない
    • インシュレーターと比較した場合、その効果は薄い
    2-2. 安価な代用品 「コンクリートブロック/レンガ」

    コンクリートブロック
    • 材質によって効果にバラつきが大きい
    • 重いため、机・床に負担が掛かる
    • ボロボロ粉が出る
    以上の理由から評価対象外としました。
    結論
    実際10円インシュレーターを試してみたところ、
    直置きと比較した場合、ハッキリと効果が確認できました。
    【【宅録/ミックス環境改善】 モニタースピーカー設置方法による効果比較】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    お世話になっております。
    DTM速報管理人「ロケットえんぴつ3号」です。

    バンド「Disordered System」ではベース兼、レコーディング・ミックスダウン・マスタリングを担当しています。
    今回は2015年10月に完成した楽曲「The Determination」により、ギターソロのミキシング(ミックス)方法を情報展開致します。あくまで私の好み、考え方による個人的な方法なのでご承知おき下さい。

    まずはミックス前後の音源をご試聴頂き、参考に値するか判断をお願いします。


    0:00-0:25 : ミックス処理前 (パンニング以外未調整)
    0:26-0:50 : ミックス処理後 (以下解説の1.~6.の処理を実施)
    0:50-1:15 : 全楽器ミックス処理後



    それでは、順を追って処理の方法を説明していきます。
    1. 左右PANの設定 (パンニング)
    ギターにソロとバッキングがある場合、主に以下のようなパンニングがあります。
    1.  左右バッキング、真ん中ギターソロ
    2.  左右ギターソロ、真ん中バッキング
    今回はギターソロとして、主旋律トラックと、ハモリトラックの2種類があるので、
    「2.」を選択しました。

    ギターソロが2種類ある場合でも、両方、真ん中にパンニングする「1.」を選択する手法もあります。
    (こちらの方が一般的かもしれません。)

    ここは両方聴き比べて、しっくりくる方を選択してみて下さい。
    【【ミックス/EQ】 ギターソロのエフェクト方法解説】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ミキシングコンソール

    長編まとめ
    以下の5記事に分けて更新します。

    【音楽業界の仕事】 レコーディング/ミックスエンジニアだけど質問ある? (1)
    【音楽業界の仕事】 レコーディング/ミックスエンジニアだけど質問ある? (1) : DTM速報【音楽業界の仕事】 レコーディング/ミックスエンジニアだけど質問ある? (1) : DTM速報 

    【音楽業界の仕事】 レコーディング/ミックスエンジニアだけど質問ある? (2)
    【音楽業界の仕事】 レコーディング/ミックスエンジニアだけど質問ある? (2) : DTM速報【音楽業界の仕事】 レコーディング/ミックスエンジニアだけど質問ある? (2) : DTM速報 

    【音楽業界の仕事】 レコーディング/ミックスエンジニアだけど質問ある? (3)
    【音楽業界の仕事】 レコーディング/ミックスエンジニアだけど質問ある? (3) : DTM速報【音楽業界の仕事】 レコーディング/ミックスエンジニアだけど質問ある? (3) : DTM速報 

    【音楽業界の仕事】 レコーディング/ミックスエンジニアだけど質問ある? (4)
    【音楽業界の仕事】 レコーディング/ミックスエンジニアだけど質問ある? (4) : DTM速報【音楽業界の仕事】 レコーディング/ミックスエンジニアだけど質問ある? (4) : DTM速報 

    【音楽業界の仕事】 レコーディング/ミックスエンジニアだけど質問ある? (5)




    49当方名無し、全パート募集中:2008/01/07(月) 21:14:09 ID:GDx8ww7L

    俺エンジニアだけど何か質問ある? 


    332:当方名無し、全パート募集中:2008/08/05(火) 13:09:36 ID:HH/OKKB+

    7人編成のFUNKバンドなんだけど、2曲を2日で録音からミックス・マスタリングまでやるのって厳しい??
    個人的には録りで一日一曲、ミックス・マスタリングも一日一曲で4日はかけてやりたいんだけど、メンバーは2日で十分といって譲りません。MIXなんて一曲3時間あればいいと言います。
    クオリティ低い音源に高い金出したくないんだけどなぁ。


    336:49:2008/08/06(水) 16:54:47 ID:LGCU8zO/

    >>332
    7人…('A`)
    毎度の回答だけど、「出来なくはない。けどそれ相応の質になるけどそれでよければ」ってところ。
    てか7人…。7人…。止めといた方がいい…というか自分だったらその仕事やりたくないw
    MIX3時間あればいいとか言ってるけど、フタを開けたら3時間も余裕無かったとなる予感がヒシヒシと。
    「MIXなんて」と言ってるのが、MIXをナメてるのか、デモ用や記録用と割り切ってるのか分らんけど、
    本気でいい物を作りたいなら止めた方がいい。お金もったいないよ。



    339:当方名無し、全パート募集中:2008/08/07(木) 13:18:11 ID:+pfYVr1P

    >>332
    せーの!の一発録りで1曲3テイク内で決める自信がある?
    だったらエンジニアさんの気合次第でできなくはないかも・・・
    (ただ、事前にエンジニアさんとの打合せはしっかりとね~)
    「各自ダビングで~」なんて考えてるんならヤメたほうがいいよ。
    49さんの言うとおり、お金もったいない。


    342:当方名無し、全パート募集中:2008/08/12(火) 14:05:33 ID:37fYayyX

    >>332
    「ミックスの重要さ」もさることながら、肝心なのは「演奏者のプレイ」ですよ。
    こればっかりはエンジニアはどうしようもない。
    プレイが良くて、出音が良ければエンジニアの労力は減るのでミックスも楽です。
    レコスタに入る前にリハスタで入念なリハを・・・
    健闘を祈る!



    338:332:2008/08/06(水) 21:09:23 ID:hl9ZDgRa

    >>49さん
    ですよね・・・
    Dr、Gt、Ba、Sax、Tp、Pf、Perc、って編成でそんな時間でまともに録れる訳ないですよね。
    挙げ句の果てには「mixで一日もかけるなんてエンジニアを信用してなさ過ぎ!エンジニアに失礼!」とまで言い出す始末です。いい大人が揃いも揃ってアホばっかりかと・・・
    その話で揉めて以来、あまりのクオリティ軽視に一気に辞めたくなった。





    344:当方名無し、全パート募集中:2008/08/14(木) 21:14:15 ID:bVzMjiLX

    音決めって何?
    【【音楽業界の仕事】 レコーディング/ミックスエンジニアだけど質問ある? (5)】の続きを読む


    スポンサード リンク

    このページのトップヘ