理系男子の流儀

化学系研究開発者が音楽、仕事、お金、恋愛、ライフハックについて自分なりのノウハウ・嗜好を紹介するブログ。特に知識・音楽の収益化、資産運用、ライフハックについて有益な情報を発信したいと考えています。 ※元 : DTM速報 (DTM情報ブログ / 2ch DTM板 まとめサイト)

    スポンサード リンク

    DTM製作記録

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    お世話になっております。
    理系男子の流儀」管理人の「やな」です。

    088A2878





    概要

    以下の通りM3-2019 春に出展いたします。

    • 日時
      2019年4月28日(日) 11:00~15:30
    • 会場
      東京流通センター(TRC)第一展示場、第二展示場 [会場アクセス]
    • 出展ブース
      第二展示場1F「い-03a」
    • 出展サークル名
      Octahedron Voices(オクタヒドロン ボイシズ / 正八面体の音声)
    • 紹介文
      主にロック、メタル、ダンス系を取り扱うネットレーベルです。正八面体の名の通り、色々なジャンルの音楽を取り揃えております。基本的に音源は全て宅録です。

    M3-2018秋 一般参加ご案内 | M3 - 音系・メディアミックス同人即売会M3-2019春 一般参加ご案内 | M3 - 音系・メディアミックス同人即売会 




    最寄駅 : 東京モノレール "流通センター駅"





    出展サークルについて

    Octahedron Voicesは一緒に音楽活動をしている「OwMyOwl」くんの音楽レーベル・サークルです。私は今回そのサークルの作品に参加した形になっております。


    Music | Octahedron VoicesMusic | Octahedron Voices 




    頒布CDについて


    当日は以下の4種類のCDを頒布いたします。

    M3 2019春 バンドCD


    バンド 「Dose Of Medicine」
    • ①「Elements EP」(2018)  / 4曲入り ¥500
    • ②「Atoms EP」(2019) / 4曲入り ¥500

    バンド 「Doors To Memory」

    • ③「2019 DEMO」(2016~2019) / 3曲入り¥500

    シンガーソングライター「Hugo」

    • ④「Finding A Way」(2019) / 3曲入り ¥500




    ①Dose Of Medicine 「Elements EP」の紹介

    Dose Of Medicine - Elements_EP ジャケット_表

    音楽ジャンルはメタルコア・Djent・スクリーモ要素を取り入れた「ロック」という感じです。
    ざっくり私は全曲ベース・ボーカル担当です。

    収録曲
    1. Introduction
    2. Solid Electrolyte Interphase
    3. Combustion
    4. Hydrologic Cycle

    収録曲試聴

    Solid Electrolyte Interphase




    Dose Of Medicine メンバー
      
    作詞は主に私が担当。
    作曲・編曲は全員で行っています。





    ②Dose Of Medicine 「Atoms EP」の紹介

    Dose Of Medicine - Atoms EP ジャケット(表)

    Dose Of Medicineの2作目のCDです。
    1作目同様に音楽ジャンルはメタルコア・Djent・スクリーモ要素を取り入れた「ロック」という感じです。ざっくり私は全曲ベース・ボーカル担当です。
    ※ただし、ベースの演奏が難しい部分はOwMyOwl君に弾いてもらいました。


    収録曲
    1. Introduction
    2. Acrylamide
    3. Scopolia Extract (原曲:I'm IBS / issei (ex.はちいろ))
    4. Caffeinism

    収録曲試聴

     EPクロスフェードデモ








    ③Doors To Memory「2019 DEMO」の紹介

    Doors-To-Memory-2019-DEMO

    Doors To Memoryの1作目のCDです。
    音楽ジャンルは、女声ボーカル ロックバンドです。ただし、一般的なロックではなく、メタルコア・Djent・スクリーモ要素を取り入れています。例えば、2曲目の「Lost Tears」のギターチューニングはドロップB、3曲目「Go Find You」に至ってはドロップGチューニングのポップスです。


    収録曲試聴

     EPクロスフェードデモ




    収録曲
    1. 存在証明
    2. Lost Tears
    3. Go Find You

    Doors To Memory メンバー





    ④Hugo「Finding A Way」の紹介

    収録曲試聴



    シンガーソングライター Hugo(ヒューゴ)さんのCDです。音楽ジャンルは、エモ・スクリーモ・ロックです。エモーショナルなクリーンボーカルに加えて、スクリームも取り入れています。また、楽曲だけでなく、イラスト・動画作成もご自身で手掛けています。
    ※本作品には、私は携わっておりません。


     Hugoさん (https://twitter.com/Hugo9n)




    【【お告知】 4/28(日) M3-2019春に出展します @Octahedron Voices】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    お世話になっております。
    DTM速報管理人「ロケットえんぴつ3号」です。


    長らく更新が滞っており申し訳ありません。

    前回(5~7月)に引き続き8~10月の買って良かったもの、
    聴いて良かった音楽を記事にまとめてご紹介します。



    ↓ 前回の記事
    【2016年5~7月】 買ったもの聴いたものまとめ : DTM速報【2016年5~7月】 買ったもの聴いたものまとめ : DTM速報


    【【2016年8~10月】 買ったもの聴いたものまとめ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    お世話になっております。
    DTM速報管理人 & 宅録バンド「Doors To Memory」のやな(ロケットえんぴつ3号)です。
    ※バンドでは「やな」を名乗らせていただいております。

    ロケットえんぴつ3号_DTM作業環境_20160519_1_Edit

    この度私が立ち上げた宅録バンド「Doors To Memory」の初楽曲が完成しましたので、
    ご報告させていただきます。(2016年10月9日 20:00に公開)
    背景
    【ボーカリスト募集】 DTM速報管理人バンド : DTM速報【ボーカリスト募集】 DTM速報管理人バンド : DTM速報 

    6月中旬、上記記事で新規バンドを立ち上げたことをご報告し、
    同時にボーカルを募集させて頂きました。
    その結果、予想を上回る方々(約30人)からの応募があり、
    選考に時間を要してしまいましたが、9月上旬にボーカルが決定し、
    正式メンバーは以下の通りとなりました。


    メンバー

    Doors To Memory

     Vocal : Junk
     Guitar : OwMyOwl (https://twitter.com/OwMyOwl)
     Bass, Program : Yana (https://twitter.com/rocketpencil3go)


    バンド名はメンバーで話し合った結果、「Doors To Memory」(記憶への扉)に決定。
    (由来)
    • リスナーさんの記憶に残るような曲を作り、バンドの曲がその人の「Doors To Memory(記憶への扉)」になってほしいという思いから。
    • バンド名の単語の頭文字を取ると、バンドの楽曲制作の要である「DTM」となることから。


    そして、9月下旬ボーカル録音を行いました。

    ↓ 録音風景


    初楽曲 「存在証明」 
    ボーカル録音、ミックス、マスタリングが完了し、ついに楽曲が完成しましたので、
    2016年10月9日(日) 20:00に公開いたします。フリーダウンロード可能です。
    ぜひぜひダウンロードして聴いて頂けると嬉しいです。



    Music : Doors To Memory
    Lyrics : Junk


    Last arrival of this way?(この道の終着は?)
    問いかけてた
    何気なく過ぎる日々にも

    You are great!!(君はすごいね!)
    褒められたいんじゃない!!
    欲しいのはone self(自分の)存在証明

    僕は何度逃げ出してきたんだろう?
    守ることだけが上手くなって
    Different from now on!!(今はそうじゃない!)
    ほんのわずかでも変われる
    Hey! It's up to me!(それは自分次第!)

    So, I run away...(だから僕は逃げたんだ)
    誰かに押し付けてた
    ほどけたこの靴紐じゃもう歩けない

    僕はずっと聞こえない心の声を
    誰かに伝えたいだけだった
    Different from now on!!(今はそうじゃない!)
    建前なんかじゃないRealを
    Hey! It's up to me!(それは自分次第!)
    Do it your self(全ては自分次第)

    I Don't get away from reality(僕は現実から逃げない)
    I get away from fantasy(僕は幻想から逃げる)

    僕は何度逃げ出してきたんだろう?
    守ることだけが上手くなって
    Different from now on!!(今はそうじゃない!)
    ほんのわずかでも変われる
    果てるまで歩きたい
    僕はずっと聞こえない心の声を
    誰かに伝えたかったんだ
    Different from now on!!(今はそうじゃない!)
    ほんのわずかでも変われる
    Hey! It's up to me!(それは自分次第!)
    【【告知】 2016年10月9日 初楽曲公開 バンド「Doors To Memory」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    DTM雑誌

    どうも皆さんこんにちは。



    連日雨ですね。
    皆さん体調管理とくせ毛対策にはお気をつけくださいませ。

    さて、今回も上から目線で作詞・作曲についての記事を書いていこうと思います。
    今回のテーマは前回の記事で紹介した「Crazy daysの作詞の補足」にしましょう。

    【初心者向け】 作詞のコツ 「抽象化連想ゲーム」 その① : DTM速報【初心者向け】 作詞のコツ 「抽象化連想ゲーム」 その① : DTM速報

    黒歴史を紐解くようで気色悪いですが、自虐することもまた一つのアイディア素材かと。
    上記記事で紹介した手法をもとに逆算形式で説明したいと思います。

    ※注意※
    本人は説明できてる気になっているので、頑張ってついてきてください。



    Disordered System_iTunesリンク
    iTunes試聴リンク


    『Crazy days』
     
    Music : Disordered System
    Lyrics : MINAMIN

    The world is running
    Lies and truth cross
    Soldiers hope peace
    But they are killing others now

    Monotonic days
    People going crazy
    The wave of society drink
    people their hurts collapsed

    Soldiers
    Despot
    Murders
    Victim
    Saint man
    God !!!

    A statesman's falsehood
    People are confusing
    Systematic life ride on
    the wave of a chaotic stage

    Fragmentary memories
    The path is worthless
    I lose myself
    in this noisy world

    Sound doesn't finish ringing
    I seek silence
    The world restrict me
    I seek freedom 


    (日本語訳)

    世界は動き続ける
    虚偽と真実が交差する
    人々は平和を願いながらその裏側で毎日殺戮を繰り返す

    単調な日々
    狂っていく本能
    情報の波に飲まれて人々の心は崩壊していった

    兵隊
    独裁者
    殺人者
    被害者
    聖人

    政治家の嘘
    人々は混乱する
    淡々とした日々は混沌とした段階の波に乗る

    断片的な記憶
    歩むべき方向には価値がない
    この騒々しい世の中で私は自分自身を失う

    鳴り止まない音
    私は静寂を追い求める
    世界は私を束縛する
    私は自由を追い求める



    世界は動き続ける
    虚偽と真実が交差する
    人々は平和を願いながらその裏側で毎日殺戮を繰り返す
    (↑後の説明のためにAパートと呼称します。) 
    この部分を逆算していきましょう。

    「ケータイがうるさい」という今(作詞当時)目の前で起きてる事象を主軸として、
    「情報化社会」や「離れたところと現地を結ぶ手段」、「リアルタイム」といった連想をします。
    そこから「世界は動き続ける」という言葉が生まれます。

    連想中に出会い系サイトのサクラメールが届き、「超絶美女となんやかんやできる!」という高揚感を「嘘という現実」が塗り替えていく様を目の当たりにします。
    これが「虚偽と真実が交差する」に昇華されたわけです。

    ※ワンポイント※
    出会い系サイトは使用しておりません。


    そんな裏切られた感満載の中、ニュースはテロや殺人について。

    「超絶美女となんy」とまぁなんとも平和ボケした状態ですし、
    「人々は平和を願いながらその裏側で毎日殺戮を繰り返す」は言葉として形にしやすいですね。





    さてここから本気を出していきます。
    【【初心者向け】 作詞のコツ 「抽象化連想ゲーム」 その②】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    どうも皆さんこんにちは。



    Metalcore、Screamo、Djentなどなど。
    かっこいいですね。大好物です。
    そんなかっこいい曲を作ってみたい!
    でもどうしていいかわからない。
    Disorderd Systemも迷走しながらそれっぽい曲を出してきました。
    そこでこのバンドの作曲方法や、作詞方法に関して不定期に記事を上げていきたいと思います。

    今回は作詞方法について説明します。
    教則本のように綺麗に説明できませんし、うまくまとめることを目標としていません。
    皆さんと一緒に悩み、迷走して、より一層かっこいい曲を世界に配信していけたらという割とざっくりした目標です。

    ※注意※
    テーマは思いついたものを思いついた時にスタイルなので、
    1ページ目から読み進められるハッピー物語形式にはなっていません。





    では今回のテーマ。
     
    「作詞イメージについて」

    万年筆

    Disordered Systemはどのようにして作詞を行っているか。
    簡単に表現するなら、「厨二病抽象化連想ゲーム」です。
    はい、簡単ではないですね。

    以下に方法を説明していきます。

    ①まずは、普段の日常からモチーフを決めます。
    例えば、今回は「ケータイがうるさい」をモチーフにします。
    迷惑メールでケータイがピロピロしっぱなしの状況をイメージしましょう。
    ここから歌詞を作っていきます。

    DSCF6513

    「ケータイ」から連想される言葉をかき集めます。
    この時、近い・遠いは関係ありません。
    それっぽく出していけばいいのです。
    • 電波
    • デジタル
    • 情報化社会
    • いつでもどこでも
    • 音声
    • 目が疲れる
    文字列だけ見れば意味不明ですね。
    ③では次に「うるさい」から連想していきます。
    • 音量
    • ノイズ
    • 耳が疲れる
    • 精神的ダメージ
    • 迷惑
    • 静か ←対極
    • 無音 ←対極
    対極にある言葉も連想していきましょう。
    近い・遠いは関係ないのです。

    ④歌詞のイメージがピンとこなければさらに連想していきます。
    ブレインストーミングという手法に似ていると思います。

    連想した単語を繋ぐことで文章を作っていきます。
    ここでのポイントは「抽象化」することです。

    例えば、

    「僕はカロリー◯イトが食べたい」

    具体化されると、主人公が男性(もしかしたらボクっ娘)であること、
    要求がカロリー◯イトであることが特定されてしまいます。
    それを厨二抽象化すると

    「我は欲する」

    主人公は誰にでもなれますし、なんでも要求できるようになりました。
    内なる自分が弱点を克服したがっているかもしれません。
    好きな人のハートキャッチを夢見てるかもしれません。
    魔人が力を得ようとしているかもしれません。
    抽象化することで聞いている人が自分に置き換えやすくなり、結果一般受けしやすくなります。


    「②」、「③」で挙げた単語をこの「④」の方法で広げていきます。
    ひたすらこれを繰り返します。
     
     
    ⑤あとは起承転結を念頭に文章パズルで完成です。
    【【初心者向け】 作詞のコツ 「抽象化連想ゲーム」 その①】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    お世話になっております。
    DTM速報管理人「ロケットえんぴつ3号」です。

    ブログの更新頻度向上のために、音楽活動の活動報告を始めてみようと思います。

    ロケットえんぴつ3号_DTM作業環境_20160519_1_Edit

    目的
    時間の制約があるため、DTMerの本分である音楽活動が増える程、ブログの更新頻度は下がってしまいます。
    しかし、音楽活動の活動報告をすることで、更新頻度を少しでも埋め合わせをしようと思い、始めてみました。

    また、本記事で紹介した楽曲・動画について、使用機材、作り方、テクニック等でご質問があれば、ブログの記事を作成し、回答したいと思います。気軽にDTM速報管理人Twitterかブログコメント欄まで、ご連絡下さい。

    ブログネタに困っているので、是非お願い致しますm(_ _)m
    バンド「Doors To Memory」
    今年の6月に新バンド「Doors To Memory」を立ち上げました。
    ジャンルは、メタルコア・Djent・エモの要素を取り入れたロック。
    演奏は激しい一方、ボーカルは歌いやすい歌モノを作っていきたいと考えています。

    doors-to-memorydoors-to-memory


    現在、3曲楽曲(歌なしver.)が完成しています。

    ボーカリストは募集をしており、コンタクトのあった約30人中、7人の方々から音源の提出がありました。
    現在、ボーカリスト選考中で、9月上旬には決定したいと考えています。

    ↓ ボーカルオーディション用に使用した1曲目はこちら


    バンドについては以上です。
    演奏してみた
    今月はギターとベースを新調しました。

    ギター

    フジゲンのレスポール「FGN NCLC-20E」から、Ibanezの7弦「Ibanez Iron Label RGIR27BFE」に買い替え。

    ↓ 新ギター
    Ibanez - RGIR27BFE (Iron Label RG Series) (4)

    ↓ 新ギターでさっそく制作したオリジナル楽曲はこちら






    ベース

    フジゲンのジャズベース「FGN NCJB-20R」から、Ibanezの5弦「Ibanez SR505-TKF」に買い替え。
    ↓ 新ベース
    Ibanez SR Series SR505 (TKF)  (15)

    ↓ 新ベースでさっそく制作したカバー楽曲はこちら





    旧ギター、旧ベースともにヤフオクに出品しているので、気になる方は是非チェックしてみて下さい。
    オークションページにサウンドデモもあります。

    ↓ ギター「FGN NCLC-20E」ヤフオクページ
    http://page16.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/u110477923

    FGN NCLC-20E (7)


    ↓ ベース「FGN NCJB-20R」ヤフオクページ
    http://page24.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/q124613385

    FGN NCJB-20R (3)

    歌ってみた
    【Vocal cover】 「Chase/batta」~アニメ「ジョジョ4部」OP2~ 【歌ってみた】 


    管理人は「ジョジョの奇妙な冒険」が大好きで、1部「ファントムブラッド」~8部「ジョジョリオン」まで全て読んでいます。そのジョジョですが、現在、4部「ダイヤモンドは砕けない」のアニメが放送されています。

    その2クール目のオープニング曲「Chase」が非常にかっこよかったので、歌ってみました。
    よろしければ是非聴いてみて下さい。





    2016年8月分の音楽活動報告としては以上です。
    【【活動報告】 2016年8月 DTM速報管理人】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    お世話になっております。
    DTM速報管理人「ロケットえんぴつ3号」です。

    この度、新バンドを結成しようと考えています。

    メンバー構成は、合計3人で以下の通りです。
    • ボーカル ×1人 (募集中)
    • ギター ×1人 (2016/06/18決定)
    • それ以外全パート+Mix,Mastering ×1人 (私が担当)
    現在、ボーカリストが決定していない状況ですので、
    本記事で募集を掛けさせて頂きます。






    2016年9月ボーカル決定致しました。

    doors-to-memorydoors-to-memory





    募集要項を記載しますので、条件に合致し、
    ご興味のある方は気軽にご連絡下さい。


    デモ音源

    既に決まったギタリストと、実働3日で作製したデモです。
    ジャンルはロック系。

    最初のステップとしては、本曲に歌詞とメロディを付けて頂き、
    録音したものを送付して頂きたいと考えています。


    ※ダウンロード可能

    活動内容

    • オリジナル音源を製作して、Youtube等で公開
      (1曲/1~2ヶ月の頻度)
    • CD製作, iTunes配信
    • 十分知名度が増え、採算が取れそうになり次第ライブ活動(関東)
    【【ボーカリスト募集】 DTM速報管理人バンド】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    Disordered-System-ジャケット_正方形ver

    お世話になっております。 

    Disordered Systemのベース兼レコーディング・ミックス・マスタリング担当「やなー(ロケットえんぴつ3号)」です。
    (今回は作詞・作曲も担当)

    2015年10月31日、新曲「The Determination」がリリースされます。  
    それに伴って楽曲のリリックビデオ(Short ver.)を先行公開致しました。



    歌詞
    作詞 : Yana, Minamin
    作曲 : Disordered System

    [Intro]

     

    How do we take our hands

    I will live my life

    The story will begin

     

    [Verse A]

     

    I have determination

    that all of me to you

    Do you have determination

    that accept all of me

    Untill we die to the grave

    This is all for you

     

    [Verse B]

     

    Anytime it might be in my head

    (I remind it)

    Anywhere it might be in my heart

    (I never erase it)

     

    [Chorus]

     

    How do we take our hands

    (until we die)

    In order to find it

    How do we take our hands

    I will live my life

    The story will begin


    Light will come inside me

    (awaited sight)

    When you are in front of me

    Delight will be in my life

    We accept the end

    The story will begin

     

    [Verse A]

     

    I have determination

    that all of me to you

    Do you have determination

    that accept all of me


    Untill we die to the grave

    This is all for you

     

    [Verse B]

    Anytime it might be in my head

    (I remind it)

    Anywhere it might be in my heart

    (I never erase it)

     

    [Chorus]

    How do we take our hands

    (Until we die)

    In order to find it

    How do we take our hands

    I will live my life

    The story will begin

     

    Light will come inside me

    (awaited sight)

    When you are in front of me

    Delight will be in my life

    We accept the end

    The story will begin


     

    [和訳]

    どのように私たちは手を取り合いましょうか

    それを見つけるために私は人生を歩みます

    その物語が始まります
     

    私は全てをあなたに捧げる覚悟があります

    あなたは私の全てを受け入れる覚悟がありますか

    私が死んで墓に入るまで

    全てはあなたのためにあります

     

    いつでも私の頭にはあなたがいます

    (思い起こされます)

    どこでも私の心にはあなたがいます

    (決して消えません)

     

    どのように私たちは手を取り合いましょうか

    それを見つけるために私は人生を歩みます

    (私たちが死ぬまで)

    その物語が始まります


    あなたが私の前に現れたとき

    (待ち望んだ景色)

    私の前に光が差し込みます


    死を受け入れても良い程

    私の人生は幸福です

    その物語が始まります


    購入リンク
    2015/10/31~全国CD販売, MP3販売開始。
    開始次第再度ご連絡致します。
    【【楽曲完成】 Disordered System / The Determination】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    お世話になっております。
    DTM速報管理人「ロケットえんぴつ3号」です。

    今回はnano(ナノ)さんのMagentaという曲をギターで弾いてみました。
    (作曲・編曲:ダルビッシュP)

    ギター弾いてみた動画は初投稿です。




    Twitter ►
    https://twitter.com/rocketpencil3go

    -----------------------------------------------------------------------------


    【Gear】
    DAW / Steinberg Cubase6
    Guitar / FgN(FUJIGEN) NCLC-20E BK
    Preamp, Multieffects Processor / Fractal Audio Systems Axe-Fx II
    Plugins / WAVES


    なお、演奏してみた動画に使用しているオケは、
    作者ご本人がアップロード許可をされているものを使用しています。
    http://piapro.jp/t/kmTR





    ボーカルあり版は以下の原曲をお聴き下さい。
    【【動画投稿】nano - Magenta ギター 弾いてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


    お世話になっております。 

    Disordered Systemのベース兼レコーディング・ミックス・マスタリング担当「やなー(ロケットえんぴつ3号)」です。
    (今回はBメロ・サビでスクリームも担当)

    ついに2015年08月08日、新曲「Bare The Fangs」がリリースされました。



    ちなみにこの楽曲のプリプロダクションは私が元を作りました。
    原型はこんな感じ。



    歌詞
    作詞:MINAMIN
    作曲:Disordered System

    [Intro]

    [Aメロ]
    Why we try to be will strong anytime
    We don’t know how to form a mental image
    There’s no meaning to live on the ground
    The worth will less than stone on the path

    [Bメロ]
    It’s not the limit of possibility
    Never say give up
    Stay in mind your fighting spirit
    Hang in there

    [Aメロ]
    If you've done everything that you can
    You will be just the walking dead man
    There's no will to believe inside of you
    The period of time be the sand in desert

    [サビ]
    Don’t hide the keen claws,
    bare the fangs
    Fight against on instinct
    It’s too early to perform the requiem
    Make a mark with your will on the ground

    [Break]
    Never say give up
    Hang in there

    [Aメロ]
    Why we try to be will strong anytime
    We don’t know how to form a mental image
    There’s no meaning to live on the ground
    The worth will less than stone on the path

    [Bメロ]
    It’s not the limit of possibility
    Never say give up.
    Stay in mind your fighting spirit.
    Hang in there.

    [サビ]
    Don't be in front when will dilapidated In burnt ruins,
    You’ve left behind It’ too late to reconsider who you are
    Make a mark with your will on the ground

    [サビ]
    Don’t hide the keen claws,
    bare the fangs
    Fight against on instinct
    It’s too early to perform the requiem
    Make a mark with your will on the ground

    [Outro]

    DTM環境-マイク




    購入リンク (コンピレーションアルバム1曲目)
    ■iTunes
    ■Music. jp
    ■レコチョク
    ■Amazon




    【Disordered System - Bare The Fangs】の続きを読む


    スポンサード リンク

    このページのトップヘ