お世話になっております。
理系男子の流儀」管理人の「やな」です。

先月に引き続き「2018年4月の取引銘柄と収支」を公開いたします。
なお、購入株式の選び方などは以下の記事でシリーズで解説していく予定です。

【第2回】 あなたもできる資産運用 「運用方法の選択」 : 理系男子の流儀【第2回】 あなたもできる資産運用 「運用方法の選択」 : 理系男子の流儀 


株や事業へ投資をして金のなる木を手に入れようとしている投資家

現在までの株式資産推移

【株式資産推移】
 2015年4月 100万円 
 2016年4月 132万円
 2017年4月 368万円
 ~
 2018年3月1日 570万円 
 2018年4月1日 557万円 (前月比 -13万円)
 2018年5月1日 593万円 (前月比 +36万円←今ココ


3月から4月で「含み損」で一時的に株式資産が下がりましたが、その後予想通り株価が上がりました。株価は上昇下降を繰り返すものなので、長期保有株は一時的に「含み損」が出ることがよくあります。余剰資金で運用しているので、慌てずに上がるまで保有し続ければOKです。

※含み損とは
 株価が購入時よりも低くなっている時のその差額。もし今売却したら損する額を示しています。当然株価が低い時に売却はしないので、損失ではありません。

本題 「2018年4月の取引銘柄と収支」

【買付け】 合計 28.5万円
  • 東レ (3402 東証)
    100株 買付け 9.9万円
  • グランディハウス (8999 東証)
    100株 買付け 4.4万円
  • 三菱UFJフィナンシャル・グループ (8306 東証)
    100株 買付け 7.1万円
  • JXTGホールディングス (5020 東証)
    100株 買付け 7.1万円

【売付け】 合計 0万円
  • なし

【配当金】 合計 1.9万円
  • すかいらーく (3197 東証)
    100株分 配当金 0.2万円
  • キヤノン (7751 東証)
    200株分 配当金 1.7万円

【株主優待】 合計 0.3万円
  • すかいらーく (3197 東証)
    100株分 株主優待 0.3万円
   すかいらーくグループ 3000円分 食事券
   20180430_すかいらーく株主優待券 - コピー


 →2018年4月の確定利益 合計「+2.2万円

  含み益は出ているのですが、まだまだ上がると予測しているため売っていない株式が約600万円あります。含み益とは購入時よりも株価が上がっているときのその確定していない利益です。会社業績等により予測した「理論株価」や「目標株価」に近づくまでは、含み益が出ていても売却を我慢することが重要です

  ↓ サブアカウントの画面
   株式資産全体の10%程度である50~60万円はこちらで管理
   ポジショントレード (数週間~数ヶ月保有)用にしています
  サブアカウント_保有株式_20180430

  NTTドコモ(9437)、日本板硝子(5202) 以外は4月中に購入した株式です。
  例えばこんな感じで、わずか1ヶ月間で株価は上がり、含み益が2.5万円出ています。



Q & A
Twitterでいただいたご質問と、それに対する回答を記載します。

 Q:証券会社はどこを選びましたか?
 A:SBI証券と楽天証券です。
    取扱い商品やツールが充実。信頼性が高い。スマホアプリが使いやすい等で選択しました。


 Q:初めて株を購入します。◯◯社の株主優待が欲しいのですが、権利付き最終日まで数ヶ月あります。まだ買わなくて良いと思うのですが、どうでしょうか?
 A:人気優待株は権利付き最終日前に値上がりする可能性が高いので、低価格の内に早めに購入して仕込んでおく方が良いことが多いです。過去の値動きをチェックしてみて下さい。



以上、ご参考になれば幸いです。



↓ 実用的です。(初心者~中級者向け)