お世話になっております。
DTM速報管理人「ロケットえんぴつ3号」です。

Twitterで、ドラム音源を生音っぽく打ち込むノウハウ・Tipsを見かけましたので、情報展開します。
スポンサード リンク


まとめ
Suprerior Drummer Metal Foundry

全体

  • 手が3本以上必要なフレーズは作らない
  • 二連打のフレーズは後の方を強くする
  • ベロシティ調整で表情を付け、曲のノリを壊さないようにする
スネア
  • ゴーストノートは弱いベロシティで入れる
  • 以下の3つの音源があると良い
     フィル用:強いオープンリム
     通常用:センターを叩いたもの
     ゴーストノート用:倍音成分が多い弱く叩いたもの
シンバル
  • ハイハットは、ダウンアップ奏法を意識すると良い
     表拍:エッジを叩く音(強い音)
     裏拍:トップを叩く音(弱い音)
  • ライドシンバルは、以下の3種類を使い分ける
     カップを叩く音:キンキンと高い音
     真ん中を叩く音:チーンチーンという通常のライドの音
     エッジを叩く音:真ん中より繊細な音
  • クラッシュシンバルを2回連続で鳴らすときは、
    高音(左側)→低音(右側)の順に叩く


以上、ご参考になれば幸いです。