お世話になっております。
DTM速報管理人「ロケットえんぴつ3号」です。

ミックス依頼を受けた際、曲中でアクセントとしてウィスパーボイスを使用される
バンドさんが複数いました。今回は、いつも使用している手法である
分厚いバンドサウンド中でウィスパーボイスを際立たせる」ための、
録音方法とミックス・音声編集方法を解説します。

この記事では、ウィスパーボイスを以下のように定義します。
→ ウィスパーボイス Wiki

録音・ミックス手法適用例
まずは、以下の音源をお聴き頂き、参考になるかどうかご判断をお願いします。
ウィスパーボイス (①0:24~0:33, ②1:20~1:29)

録音手法
Blue Baby Bottle & STEDMAN PROSCREEN101
  1. ポップガードを使用する
    → 息が多く漏れるウィスパーボイスには、ポップガードが必須です
      ナイロン布と比較し、吹かれ音の防止効果が高い金属製がオススメ
      以下のものが安価で効果が期待できます (レビュー参照)

  2. マイクプリアンプのゲインの増幅は可能な限り小さくし、大きく発声する
    → マイクは周囲のノイズも拾うので、声量が大きい方がノイズが目立ちません


ミックスダウン手法
インサートエフェクト
  1. 原音の音量を調整する
    → 音量がバラつきやすいので、部分ごとの音量差を抑えます
      オートメーションで細かく書くことを推奨

    ウィスパーボイス_音量オートメーション

  2. イコライザーでラジオボイスを作る
    → 130Hzより低周波帯域をハイパスフィルターでカット
      4000Hzより高周波帯域をローパスフィルターでカット

    ラジオボイスやり方_イコライザー設定

  3. ディエッサーで歯擦音を抑制する
    → 10000Hz周辺を抑制

  4. コンプで音の粒を揃えて、ゲインを上げて音量を稼ぐ
    → 録音ソースによりますが、毎回多めに(10dB程度)潰しています
センドエフェクト 
  1. ディストーション
    フリーVST「TSE808」を使用し、抜けを良くします

    09

  2. ダブラー
    → 音の厚みを増します

  3. リバーブ
    → ステレオ感を増幅するため、リバーブタイムを短く設定した、
      ルームリバーブを掛けます

  4. ディレイ
    → 立体感を増幅するため、八分付点ディレイを掛けます
関連

【メタルコア曲】ミキシング方法 「ボーカル編」 : DTM速報【メタルコア曲】ミキシング方法 「ボーカル編」 : DTM速報
↑ ボーカルの録音方法と、通常のミックス方法の解説記事


【ボーカル用フリーVstエフェクター】 ディストーション 「TSE808」 : DTM速報【ボーカル用フリーVstエフェクター】 ディストーション 「TSE808」 : DTM速報
↑ スクリームボーカルの抜けを良くするVSTエフェクトの紹介


以上です。