いつもお世話になっております。

DTM速報管理人の「ロケットえんぴつ3号」です。

バンドではベース兼、レコーディング・ミックスダウン・マスタリングを担当しています。
今回は2015年4月に楽曲「Myosotis」が完成したので、ミキシング(ミックス)方法を情報展開致します。
あくまで私の好み、考え方による個人的な方法なのでご承知おき下さい。

まずはミックス/マスタリング前後の音源をご試聴頂き、参考に値するか判断をお願いします。
音源(ミックス/マスタリング)

音源(ミックス/マスタリング)







以下の5記事に分けてミックス前の音源から
ミックス後の音源に仕上げていく過程を解説していきます。

1. ギター編

【メタルコア曲】ミキシング方法 「ギター編」 : DTM速報【メタルコア曲】ミキシング方法 「ギター編」 : DTM速報

2. ドラム編
【メタルコア曲】ミキシング方法 「ドラム編」 : DTM速報【メタルコア曲】ミキシング方法 「ドラム編」 : DTM速報

3. ベース編
【メタルコア曲】ミキシング方法 「ベース編」 : DTM速報【メタルコア曲】ミキシング方法 「ベース編」 : DTM速報

4. ボーカル編
5. マスタリング編

スポンサード リンク



防音室 アビテックス AWB3508H 内観

それでは今回は音作り・ミキシング方法「ボーカル」です。
メタルコアというジャンルに限らず、楽曲で最も重要であるのが
ボーカルです。
先の記事で、ボーカルが占めるスペースのため各楽器の帯域を
カットしてきましたので、その空間的及び帯域的な隙間を埋めていきます。

レコーディング注意点
音作り・録音・セッティングの注意点は主に以下です。
  • 各ボーカリストに適したマイクを選択 (コンデンサー・ダイナミック)
  • 近接効果で低域が過剰に出ないように20cm以上は離れる
  • ポップノイズ(吹かれ音)が入らないようにポップガードを使用
  • 声量が大きく変わるところはパート毎にゲイン調整をして分けて録る

使用機材

マイク

Disordered Systemでは、スクリームもクリーンボーカルも
ダイナミックマイク Shure SM58を使用しています。
ボーカル録りには向いていないという意見もありますが、
最初の1本だったため周波数特性の把握のために購入し、
特に問題がないのでそのまま使用しています。



オーディオインターフェイス

PCの内部ノイズを載せず、ゲインを増幅して録音するために必須。
ニコニコ動画の歌ってみた界隈で人気ということで、最初の1機として購入。
マイク同様、特に問題がないのでそのまま使用しています。
ノイズがのらずクリアな音質で録音・再生可能、コンパクトで持ち運びが容易。



ポップガード

安価、大きさが調度良い、ポップノイズをしっかり抑制。
全く問題なく使用できています。
これがないと吹かれ、破裂音が入りどうしようもないので、ボーカル録りでは必須です。
(記事作成後、ノイズ防止効果の高い金属製に変更しました。)

マイクスタンド

しっかり固定可能であれば何でも良いです。
安価、持ち運び用ソフトケース付きということで以下を選択。
マイクを手持ちで録音するとノイズがひどいことになるので、
マイクスタンドも必須です。







セッティング例

DTM環境-マイク


↓録り音にエフェクトを掛けてない段階ではこんな感じの音

メインボーカルのミックス
続いてこの録り音に対してDAWソフト上でVSTエフェクトを掛けます。
ボーカルにおいては、録音時に一切エフェクトを掛けずに録っているので、
ダイナミクスの調整、細かいEQの調整、空間系処理等全てを行います。






1. 音量調整
  曲のパートによって、音量を調整。微調整する際は、オートメーションを描きます。
  音量調整にはコンプレッサーを使用しますが、予め大まかに調整しておきます。

2. イコライザー

  【低域】
  150Hz以下の帯域をハイパスフィルターでカット。こもりがちな部分をカットします。
  ボーカリストによって、もう少し低い帯域に入れた方が良い場合もあります。
  
  【高域】
  耳障りであれば2000Hz辺りをカット。

  ボーカルの透明感、空気感を増幅するため、8000Hz辺りをブースト。
  
3. コンプ
  パートによって音量差を小さくし、ダイナミクスを整えます。
  アタックタイムは遅く設定。

4. コーラス
  コーラスを5%程掛けることで、厚みを増します。
  コーラス成分はモノラルで原音と同じ中心部分に位置させます。

5. リバーブ
  ステレオ感を増幅するため、リバーブタイムを短く設定した、
  ルームリバーブを掛けます。

6. ディレイ
  立体感を増幅するため、八分付点ディレイを掛けます。
  また、ディレイ成分にステレオエンハンサーを掛け、ステレオ感も増幅します。

7. マキシマイザー
  スレッショルド -3.5dbで持ち上げてます。

↓上記の処理を適用したボーカルの帯域(クリーンボーカル)
ボーカル帯域(えとぅ)

コーラス(ハモリ)のミックス

ハモリもメインボーカルと同様の処理を行います。

イコライザー処理で少し異なる点
1~2000Hzをカットして、メインボーカルと被らないようにします。
目立たない場合は10000Hz辺りをブーストします。

ダブリング処理
同じようにコーラスを2回歌って、左100%,右100%に左右パンを振ることで、
ステレオ感が増大します。(同じトラックをコピペして、片方にショートディレイを掛けてもOK)
さらに中心に位置させないことで、メインボーカルと位置的に被らないメリットもあります。


↓以上のミックス処理を行った音源がこちら






こちらのコンピレーションアルバムの11曲目(トリ)に本記事でミックス素材として
使用している楽曲「Myosotis」が収録されています。
iTunesでのダウンロード販売で250円です。
売上があると創作意欲が増し、また、機材代に費用を割くことができます。

↓もし気になった方はダウンロードして聴いて頂けると嬉しいです。
嘘。
¥2,400
(2015.04.11時点)
posted with ポチレバ

以上です。