いつもお世話になっております。

DTM速報管理人の「ロケットえんぴつ3号」です。

バンドではベース兼、レコーディング・ミックスダウン・マスタリングを担当しています。
今回は2015年4月に楽曲「Myosotis」が完成したので、ミキシング(ミックス)方法を情報展開致します。
あくまで私の好み、考え方による個人的な方法なのでご承知おき下さい。

まずはミックス/マスタリング前後の音源をご試聴頂き、参考に値するか判断をお願いします。
音源(ミックス/マスタリング)


音源(ミックス/マスタリング)







以下の5記事に分けてミックス前の音源から
ミックス後の音源に仕上げていく過程を解説していきます。

1. ギター編

本記事 ← イマココ

2. ドラム編

【メタルコア曲】ミキシング方法 「ドラム編」 : DTM速報【メタルコア曲】ミキシング方法 「ドラム編」 : DTM速報

3. ベース編

【メタルコア曲】ミキシング方法 「ベース編」 : DTM速報【メタルコア曲】ミキシング方法 「ベース編」 : DTM速報

4. ボーカル編

【メタルコア曲】ミキシング方法 「ボーカル編」 : DTM速報【メタルコア曲】ミキシング方法 「ボーカル編」 : DTM速報

5. マスタリング編






それでは今回は音作り・ミキシング方法「ギター編」です。
録音時の音作り方法はこちら

【音源あり】 LINE6 POD HDによるギターの音作り方法 【DTM/宅録】 : DTM速報【音源あり】 LINE6 POD HDによるギターの音作り方法 【DTM/宅録】 : DTM速報


↓上記記事のプリセットを使用した録り音の帯域
Living Message Gt 周波数特性

強調している音域の役割としては、
150-400Hz辺り→低音域・ロー。ブリッジミュートのズンズンくる帯域。
400-600Hz辺り→中音域・ミドル。意外と音抜けを良くするために重要な帯域。
3000-5000Hz辺り→高音域・ハイ。高域の音抜け。コード弾きのキラキラした感じが出る。
↓録り音にエフェクトを掛けてない段階ではこんな感じの音


ミックス
続いてこの録り音に対してDAWソフト上でVSTエフェクトを掛けます。
音色の作り込みはLINE6 POD HDでほぼ完了していますので、
主にダイナミクスや空間系を調整していきます。






1. 左右パンの設定

  ギター2本の場合、左右いっぱいにパンを振ります。(左100%,右100%)
  同じフレーズでも2回弾いて左右に振るとダブリング効果が得られ、厚みとステレオ感がでます。
  メタルコアの場合、ほぼギター2本で、曲に緩急を付けるフレーズでは1本や3本にします。

2. 音量調整
  曲のパートによって、音量を調整。微調整する際は、オートメーションを描きます。
  ピッキングハーモニクスやギターソロ等目立たせたい所は音量を大きく、
  サビではボーカルを目立たせたいのでギター音量を少し小さくします。

3. イコライザー(カット処理)
  【低域】
  80Hz以下をハイパスフィルターでばっさりカット。
  低域感を出そうとギターで80Hz以下の低域も占有してしまうとモコモコして音抜けが悪くなります。
  さらにコンプレッサーが影響を受ける帯域であり、音圧も稼げなくなります。
  代わりにギターでの低域感は150~400辺りで担います。
  【超高域】
  8000Hz以上はローパスフィルターでばっさりカット。
  ノイズのような音のためシャリシャリして耳障りに聴こえます。
  ギターらしい高域は3000~5000Hzを中心に広めに取ります。
  
4. マルチバンドコンプ
  曲によって他楽器と被る帯域の天井を決め、出過ぎないように。
  ただし、ほとんど掛かってない状態です。
  【低域】
  400以下だけにコンプが掛かるようにします。
  ブリッジミュートのズンズンくる音の低域ですが、
  音量を使用しがちなので出過ぎないように抑えます。
  
5. M/S処理用イコライザー・コンプ
  【M/Sイコライザー】
  Side(左右)の中低域(ローミッド)をブーストします。
  その結果、ブリッジミュート時に左右のギター音像の壁が広がり、
  迫力が増加します。
  
  【M/Sコンプ】
  Mid(中心)に位置する音に多めにコンプレッション。
  Side(左右)に位置する音をわずかにコンプレッションし、ゲインを大きく。
  ステレオ感が増加します。
  ステレオエンハンサーを使用しても同様の効果が得られます。
  ただ微調整が可能なので、M/Sコンプをおすすめします。

6. 空間系処理(リバーブ、ディレイ)
  【リバーブ】
  立体感を出すために短いルームリバーブを掛けます。
 
  【ディレイ】
  8分付点ディレイをステレオで左右から聴こえるように掛けます。
  その結果、左側ギターのディレイ音が右側から、
  右側ギターのディレイ音が左側から聴こえ、立体感が増加します。

7. マキシマイザー
  スレッショルド -3.0dbで持ち上げてます。
  ギターの音量が大き目なのが、メタルコアという音楽ジャンルの特徴です。

8. 飛び道具的なエフェクト
  今回の曲ではイントロでこもった音から徐々に普通の音にフェードインするエフェクトを掛けています。
  フィルターのカットオフ周波数をオートメーションで徐々に開いています。(詳しくは別記事で解説)
  

↓以上のミックス処理を行った音源がこちら (2016/4/3 再うp)






こちらのコンピレーションアルバムの11曲目(トリ)に本記事でミックス素材として
使用している楽曲「Myosotis」が収録されています。
iTunesでのダウンロード販売で250円です。
売上があると創作意欲が増し、また、機材代に費用を割くことができます。

↓もし気になった方はダウンロードして聴いて頂けると嬉しいです。

disordered-systemdisordered-system

以上です。