お世話になっております。
DTM速報管理人「ロケットえんぴつ3号」です。

今回は自分がボーカルに多用している無料のVstエフェクター『TSE808』を紹介します。
ディストーションというエフェクターでボーカルを歪ませる効果が得られます。
本来はギター用のディストーション・オーバードライブなのですが、
ボーカルに掛けても良い感じだと思います。

09


TSE808は↓のIbanez TS808をエミュレートしたVstエフェクターです。





ボーカルへの使用例

まずは実際にこのエフェクターを使用した音源を聴いて頂いて、
実用に値するか判断をお願いします。
自分がボーカルを担当するほぼ全ての楽曲のスクリーム(シャウト)部分に使用しています。






使い方

使用する際のコツとしては、リバーブやディレイと同様「センドエフェクト」で掛けるのが非常に重要です。
原音を保持したまま、ディストーションを掛けた音と混ぜるイメージです。
高域の歪み成分が上乗せされることで、迫力が増し、抜けが良くなります。
※解説ページ→センドエフェクトとは
http://tnishioka.web.fc2.com/lesson/mixing/7050.html

各パラメータのオススメ設定値は、下記画像参照。
09




ダウンロードページ

「TSE808」


http://www.theserinaexperiment.net/software.html




関連 : ギターへの使用例


【無料でできるギター音作り】 フリーVstエフェクター・アンプシミュレーター まとめ : DTM速報【無料でできるギター音作り】 フリーVstエフェクター・アンプシミュレーター まとめ : DTM速報





無料なので、是非ダウンロードしてみて下さい。
スクリーム(シャウト)以外でも、使い方次第で良い感じになると思います。

以上です。