理系男子の流儀

化学系研究開発者が音楽、仕事、お金、恋愛、ライフハックについて自分なりのノウハウ・嗜好を紹介するブログ。特に知識・音楽の収益化、資産運用、ライフハックについて有益な情報を発信したいと考えています。 ※元 : DTM速報 (DTM情報ブログ / 2ch DTM板 まとめサイト)


    スポンサード リンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



    お世話になっております。
    DTM速報管理人「ロケットえんぴつ3号」です。

    前回(11~3月)に引き続き4~8月の買って良かったものを記事にまとめてご紹介します。
    (聴いてよかったものは別記事にまとめます。)

    ↓ 前回の記事
    【2016年11~2017年3月】 買ったもの聴いたものまとめ : DTM速報【2016年11~2017年3月】 買ったもの聴いたものまとめ : DTM速報

    買って良かったもの 「DTM・楽器関連」
    ■ 2017年7月3日 購入

    ドラム音源 S2.0  拡張音源 「TOONTRACK  SDX METAL MACHINERY 」


    Superiror Drummer 「Metal Machinery」


    ↓ こんな感じの音作りになりました


    【選定経緯】
    音源の選択肢を増やすことで、今以上に音作りの幅を広げられると考え購入。
    詳細は以下のレビュー記事にまとめました。

    【ドラム音源】 SUPERIOR DRUMMER 2.0 「X Drum機能」拡張音源の組合せ例 : DTM速報【ドラム音源】 SUPERIOR DRUMMER 2.0 「X Drum機能」拡張音源の組合せ例 : DTM速報





    ■ 2017年6月18日 購入

    Duracell Procell PRO-9V 「9V形アルカリ乾電池」

    アクティブベース用アルカリ電池

    以前からアクティブベース用9Vバッテリーには、アルカリ電池のProcellを使用しています。
    今回、ストックが減ってきたのでまとめ買いしました。

    【選定経緯】
    9Vバッテリーにはアルカリ電池とマンガン電池の選択肢がありますが、
    なぜアルカリ電池を選択しているのかは、以下の記事にまとめました。

    【楽器用途】 アルカリ電池とマンガン電池の違い : DTM速報【楽器用途】 アルカリ電池とマンガン電池の違い : DTM速報





    ■ 2017年6月25日 購入

    Strictly 7 Guitars 「フレットラップ」
    FW-S7G-1PK Large


    Strictly 7 Guitars FW-S7G-1PK Large フレットラップ FRETWRAPS (1)

    サイズは以下の通り、スモール、ミディアム、ラージがあります。

    ●Small:6弦ギター(エレキ・アコギ) / 4弦ベース
    ●Medium:クラシックギター / 5弦ベース
    ●Large:7,8弦ギター / 6弦ベース / ダブルベース

    私は7弦ギター用ですので、ラージを選びました。
    6弦エレキギターの方はスモールで良いと思います。

    【選定経緯】
    フレットラップをギターのヘッドに装着することによって、
    開放弦が不必要に鳴らず、よりタイトな出音を得ることが可能です。
    メタルコア等のジャンルで多用される、最低音弦のブリッジミュートのときに、
    効果を発揮する
    と思います。

    ↓  私が実際にギターに装着して演奏した動画がこちら。
     出音と装着位置の例が確認できます。


    スポンサードリンク
    【【2017年4月~2017年8月】 買って良かったものまとめ】の続きを読む


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



    お世話になっております。
    DTM速報管理人「ロケットえんぴつ3号」です。

    セール情報ブログ等でご存知の方が多いかと思いますが、念のため情報展開します。

    Wavesが創立25周年記念セールを実施しており、14種類のバンドル(まとめ販売)および
    34種類のプラグイン(単体販売)が最大93%割引き
    で購入できます。
    期間限定で2017年9月27日(水)から9月30日(土)までとなっています。


    詳しくは以下のセール特設ページをご覧ください。

    メディア・インテグレーションWaves 25TH ANNIVERSARY SALE!
    http://www.minet.jp/contents/promotion/waves-monthly-special/

    注目プラグイン
    今回セール対象品のプラグインの中で最もおすすめなのが、Waves「Vocal Riderです。
    私は、ミックス時に必ずボーカルに使用しています。

    Vocal Rider ユーザーインターフェース


    詳細な機能解説ページはこちら
    http://www.minet.jp/brand/waves/vocal-rider/


    ミックス時にボーカルの音量を自動でオートメーション処理し、
    均一にしてくれるプラグインで、コンプとは違い音質への影響が小さい点がメリットです。
    【【約90%割引セール】 Waves Vocal Rider ほか 【2017/09/30まで】】の続きを読む


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



    いつもお世話になっております。
    DTM速報管理人の「ロケットえんぴつ3号」です。

    防音室 アビテックス AWB3508H 内観

    今回はDTM環境でのハモリの入れ方・作り方をご紹介します。
    ※本記事は2015年の記事を再構成したものです。

    3度ハモリ
    まずはハモリの基礎知識からご紹介。
    ハモリでよく使用される手法として、3度下ハモリがあります。

    下の画像のように、青字が主旋律で「ドレミファソラシド」のとき、
    赤字が三度下ハモリで「ラシドレミファソラ」となります。
    ※Cメジャースケールのとき

    ハモリ-3度下-キー「C」---コピー

    煩雑な理論を学ばなくても、Cubaseのピアノロール画面で音程を3つ下げるだけで簡単にハモリが作れてしまいます。このように3度下でハモることで主旋律を目立たせることが可能です。

    ※これはCメジャースケールの(黒鍵を使用しない)場合です。
     スケールによっては、全ての音符を単純に3度下(3度上)にすると、スケール(キー)に合わない音が出てくるので、そのときは不協和音になってしまった音を主旋律に対して上下させてみましょう。

    DTM・DAWソフトによるハモリの作り方
    ハモリの基礎知識が分かったところで、DAWソフトである「Cubase」でハモリを作ってみましょう。

    まず実際に私がハモリを入れた音源がこちら。
    女声ボーカルに、私の男声ボーカルでハモっています。
    (10~16秒の部分)

    ※ハモリの部分から再生されます。



    VariAudioによるハモリ作成方法

    それではCubaseに搭載されているVariAudioというピッチ補正機能を使用した場合を解説します。
    1. 主旋律のボーカルトラックの波形をダブルクリックしてVariAudioを開き、
      音程を確認する。これで、上の動画(10~16秒の部分)の主旋律の音程は「ラ シ ラ」だとわかりました。

      主旋律_Lost Tears

    2. ボーカルトラックをコピーして、ガイド用ハモリトラックを作成。
      作成したトラックの波形を選択し、「編集」→「機能」→「独立コピーに変換」と選択。
      独立コピーに変換することで、コピーしたトラックの音程をいじっても、
      コピー元の主旋律には、変更が適用されないようになります。

      主旋律_コピー方法_Lost Tears

    3. ガイド用のハモリトラックの波形をダブルクリックして、VariAudioを開き、
      音程を全体的に上げ下げする。今回は、聴いてみてしっくりきた5度上にし、
      ハモリの音程は「レ ミ レ」としました。

      ハモリ_Lost Tears

    4. ハモリトラックで作成した音程を覚えて歌を録音します。録音するときは、
      主旋律はミュートにし、作成したハモリトラックは再生されるようにします。
      このようにすることで、主旋律につられることを防ぐことができます。
      ※ソフトで作成したハモリは人間的な声でなくなる場合があるので、
        ハモリは実際に録ることをおすすめします。

      ハモリ録音_Lost Tears

      実際に録ってみるとこのようになりました。
      事前にガイド用に作成したハモリの音程は「レ ミ レ」でしたが、
      最初の短いレをなくし、「ミ レ」の2音としました。長さが短い音は、
      省略するとスッキリ聴こえることがあります。また、5度上で作成しましたが、
      男声なので、1オクターブ下げました。


      もう一度聴いてみましょう。
      5度上ハモリを1オクターブ下げたハモリです。

      ※ハモリの部分から再生されます。(10~16秒)
    【【ボーカル】DTMソフトによるハモリの作り方】の続きを読む




    スポンサード リンク


    このページのトップヘ