DTM速報

元 : 2ch DTM板 まとめサイト
現 : DTM情報ブログ (バンドサウンドに特化)


    スポンサード リンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



    お世話になっております。
    DTM速報管理人「ロケットえんぴつ3号」です。

    SONARの開発等を手がけているCakewalk社から、
    期間限定でLA-2Aのモデリングコンプレッサー「CA-2A」が無料配布されています。

    終了日時は未掲載なのでお早めのダウンロードをオススメいたします。


    CA-2A Leveling Amplifier
    CA-2A Leveling Amplifier FREE
    ダウンロードサイト
    【【期間限定】 LA-2A モデリングコンプ「CA-2A」 無料配布中】の続きを読む


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



    お世話になっております。
    DTM速報管理人 & 宅録バンド「Doors To Memory」のやな(ロケットえんぴつ3号)です。
    ※バンドでは「やな」を名乗らせていただいております。

    ロケットえんぴつ3号_DTM作業環境_20160519_1_Edit

    この度私が立ち上げた宅録バンド「Doors To Memory」の初楽曲が完成しましたので、
    ご報告させていただきます。(2016年10月9日 20:00に公開)
    背景
    【ボーカリスト募集】 DTM速報管理人バンド : DTM速報【ボーカリスト募集】 DTM速報管理人バンド : DTM速報 

    6月中旬、上記記事で新規バンドを立ち上げたことをご報告し、
    同時にボーカルを募集させて頂きました。
    その結果、予想を上回る方々(約30人)からの応募があり、
    選考に時間を要してしまいましたが、9月上旬にボーカルが決定し、
    正式メンバーは以下の通りとなりました。


    メンバー

    Doors To Memory

     Vocal : Junk
     Guitar : OwMyOwl (https://twitter.com/OwMyOwl)
     Bass, Program : Yana (https://twitter.com/rocketpencil3go)


    バンド名はメンバーで話し合った結果、「Doors To Memory」(記憶への扉)に決定。
    (由来)
    • リスナーさんの記憶に残るような曲を作り、バンドの曲がその人の「Doors To Memory(記憶への扉)」になってほしいという思いから。
    • バンド名の単語の頭文字を取ると、バンドの楽曲制作の要である「DTM」となることから。


    そして、9月下旬ボーカル録音を行いました。

    ↓ 録音風景


    初楽曲 「存在証明」 
    ボーカル録音、ミックス、マスタリングが完了し、ついに楽曲が完成しましたので、
    2016年10月9日(日) 20:00に公開いたします。フリーダウンロード可能です。
    ぜひぜひダウンロードして聴いて頂けると嬉しいです。



    Music : Doors To Memory
    Lyrics : Junk


    Last arrival of this way?(この道の終着は?)
    問いかけてた
    何気なく過ぎる日々にも

    You are great!!(君はすごいね!)
    褒められたいんじゃない!!
    欲しいのはone self(自分の)存在証明

    僕は何度逃げ出してきたんだろう?
    守ることだけが上手くなって
    Different from now on!!(今はそうじゃない!)
    ほんのわずかでも変われる
    Hey! It's up to me!(それは自分次第!)

    So, I run away...(だから僕は逃げたんだ)
    誰かに押し付けてた
    ほどけたこの靴紐じゃもう歩けない

    僕はずっと聞こえない心の声を
    誰かに伝えたいだけだった
    Different from now on!!(今はそうじゃない!)
    建前なんかじゃないRealを
    Hey! It's up to me!(それは自分次第!)
    Do it your self(全ては自分次第)

    I Don't get away from reality(僕は現実から逃げない)
    I get away from fantasy(僕は幻想から逃げる)

    僕は何度逃げ出してきたんだろう?
    守ることだけが上手くなって
    Different from now on!!(今はそうじゃない!)
    ほんのわずかでも変われる
    果てるまで歩きたい
    僕はずっと聞こえない心の声を
    誰かに伝えたかったんだ
    Different from now on!!(今はそうじゃない!)
    ほんのわずかでも変われる
    Hey! It's up to me!(それは自分次第!)
    【【告知】 2016年10月9日 初楽曲公開 バンド「Doors To Memory」】の続きを読む


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



    DTM雑誌

    どうも皆さんこんにちは。



    連日雨ですね。
    皆さん体調管理とくせ毛対策にはお気をつけくださいませ。

    さて、今回も上から目線で作詞・作曲についての記事を書いていこうと思います。
    今回のテーマは前回の記事で紹介した「Crazy daysの作詞の補足」にしましょう。

    【初心者向け】 作詞のコツ 「抽象化連想ゲーム」 その① : DTM速報【初心者向け】 作詞のコツ 「抽象化連想ゲーム」 その① : DTM速報

    黒歴史を紐解くようで気色悪いですが、自虐することもまた一つのアイディア素材かと。
    上記記事で紹介した手法をもとに逆算形式で説明したいと思います。

    ※注意※
    本人は説明できてる気になっているので、頑張ってついてきてください。



    Disordered System_iTunesリンク
    iTunes試聴リンク


    『Crazy days』
     
    Music : Disordered System
    Lyrics : MINAMIN

    The world is running
    Lies and truth cross
    Soldiers hope peace
    But they are killing others now

    Monotonic days
    People going crazy
    The wave of society drink
    people their hurts collapsed

    Soldiers
    Despot
    Murders
    Victim
    Saint man
    God !!!

    A statesman's falsehood
    People are confusing
    Systematic life ride on
    the wave of a chaotic stage

    Fragmentary memories
    The path is worthless
    I lose myself
    in this noisy world

    Sound doesn't finish ringing
    I seek silence
    The world restrict me
    I seek freedom 


    (日本語訳)

    世界は動き続ける
    虚偽と真実が交差する
    人々は平和を願いながらその裏側で毎日殺戮を繰り返す

    単調な日々
    狂っていく本能
    情報の波に飲まれて人々の心は崩壊していった

    兵隊
    独裁者
    殺人者
    被害者
    聖人

    政治家の嘘
    人々は混乱する
    淡々とした日々は混沌とした段階の波に乗る

    断片的な記憶
    歩むべき方向には価値がない
    この騒々しい世の中で私は自分自身を失う

    鳴り止まない音
    私は静寂を追い求める
    世界は私を束縛する
    私は自由を追い求める



    世界は動き続ける
    虚偽と真実が交差する
    人々は平和を願いながらその裏側で毎日殺戮を繰り返す
    (↑後の説明のためにAパートと呼称します。) 
    この部分を逆算していきましょう。

    「ケータイがうるさい」という今(作詞当時)目の前で起きてる事象を主軸として、
    「情報化社会」や「離れたところと現地を結ぶ手段」、「リアルタイム」といった連想をします。
    そこから「世界は動き続ける」という言葉が生まれます。

    連想中に出会い系サイトのサクラメールが届き、「超絶美女となんやかんやできる!」という高揚感を「嘘という現実」が塗り替えていく様を目の当たりにします。
    これが「虚偽と真実が交差する」に昇華されたわけです。

    ※ワンポイント※
    出会い系サイトは使用しておりません。


    そんな裏切られた感満載の中、ニュースはテロや殺人について。

    「超絶美女となんy」とまぁなんとも平和ボケした状態ですし、
    「人々は平和を願いながらその裏側で毎日殺戮を繰り返す」は言葉として形にしやすいですね。





    さてここから本気を出していきます。
    【【初心者向け】 作詞のコツ 「抽象化連想ゲーム」 その②】の続きを読む




    スポンサード リンク

    このページのトップヘ