理系男子の流儀

化学系研究開発者が音楽、仕事、お金、恋愛、ライフハックについて自分なりのノウハウ・嗜好を紹介するブログ。特に知識・音楽の収益化、資産運用、ライフハックについて有益な情報を発信したいと考えています。 ※元 : DTM速報 (DTM情報ブログ / 2ch DTM板 まとめサイト)


    スポンサード リンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



    記事を書いてる人
    化学系研究開発者(国立理系大学院卒/博士前期課程修了)。趣味はDTM/宅録/楽曲制作/楽器(収支±0円)。音楽の話、仕事の話、お金の話、恋愛の話、ライフハックについて当サイトで情報を発信。700万円資産運用中。


    お世話になっております。

    株価-ワールドマーケット

    先日以下の記事で資産運用・投資について解説いたしました。

    【第1回】 あなたもできる資産運用 「ライフプランの設計」 : 理系男子の流儀【第1回】 あなたもできる資産運用 「ライフプランの設計」 : 理系男子の流儀 

    拡散して下さった方のおかげもあり、何とか目標閲覧数に達しましたので、今後第2回目の解説を作成しようと考えています。

    本記事の目的

    その前に本記事では、2018年2月の株式投資の取引銘柄と収支を公開いたします。
    理由としては以下が挙げられます。

    • どのような銘柄に株式投資すれば利益が得られるかの指針を示す
    • リアルタイムで資産が増えていく様子を公開することで、投資の魅力を伝える

    実は2014年まで、私は株式投資に対して、全く調べようともせずに「投資 = 胡散臭い・危険」という勝手な思い込みのイメージを持っていました。もし、同様のイメージを持っている方がいれば、私がローリスク・ローリターン運用の資産推移を公開し続けることで、悪いイメージを払拭したいと考えています。

    現在までの資産推移 (株式資産のみ)
    攻めるお金_イメージ

    2015年4月 100万円 
    2016年4月 132万円
    2017年4月 368万円
    2018年3月 570万円 ←今ココ

    ※万未満の単位は切り捨て


    上記をご覧いただくと明白ですが、一次関数的には増えておらず、指数関数的に増えています。
    これは複利運用をしているためです。

    複利とは
    複利法によって計算された利子のこと。複利法とは、元金(がんきん)によって生じた利子を次期の元金に組み入れる方式であり、元金だけでなく利子にも次期の利子がつく。したがって、各期の利子が次第に増加していく。投資や借金などでは、雪だるま式に利子が増えていくことになる。 (wikiより)


    複利運用で重要なことは、「時間」です。元手100万円だと、私のような初心者でローリスク・ローリターン狙いだと、軌道に乗るまで「2年」掛かります。
    【第1回】 あなたもできる資産運用 「ライフプランの設計」 で解説したように、ローリスクであることが大前提なので、「時間」が掛かるのは仕方ありません。したがって、少額でもとにかく早く投資を始めることが重要だと考えています。


    ※ただ仮想通貨だけは絶対にやめた方が良いです。

    本題 「2018年2月の取引銘柄と収支」
    【買付け】 合計140万円
    • 伊藤忠 (8001東証)
      200株 買付け 43万円
    • トヨタ自動車 (7203 東証)
      100株 買付け 75万円
    • 日産自動車 (7201 東証)
      100株 買付け 11万円
    • きもと (7908 東証)
      300株 買付け 11万円

    【売付け】 合計155万円
    • キヤノン (7751 東証)
      200株 売付け 87万円 「損益:+2万円」
    • NTTドコモ (9437 東証)
      100株 売付け 27万円 「損益:+4万円」
    • 日本航空 (9201 東証)
      100株 売付け 41万円 「損益:+5万円」
     →2018年2月の株式投資利益合計「11万円」


    株式投資は、保有している株式の価値が上がったときに、売付けに成功することで、購入価格と売却価格の差分を利益として得ることができます。したがって、上記の売付けで、155万円の利益が出ている訳ではありません。
    例えば、キヤノン (7751 東証)では、2017年10月に85万円で購入した株式を、2018年2月に87万円で売却しているので、「+2万円」の利益となっています。取引金額が大きい割に、利益は小さいです。今月得た利益合計は「+11万円」となります。

    私の考えるローリスク・ローリターン運用では、「複数の事業を持ち倒産の可能性が低い大企業の株式を購入し、短期間でわずかでも株式の価格が増加したら売却する」という方法を取っています。これなら、利益は小さいですが損失が生じる可能性を極めて小さくできます。
    【【株式投資】 2018年2月の取引銘柄と収支公開】の続きを読む


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote




    お世話になっております。
    理系男子の流儀」管理人の「やな」です。

    今回は暗号化されたzip / rar / 7zファイルのパスワードを解析するソフト「Archive Pass Retriever」のご紹介です。私が使用するに至った経緯は後述するとして、さっそく本題に入ります。

    PC

    Archive Pass Retriever」の特徴
    • 暗号化されたzip / rar / 7zファイルのパスワードを解析・解除する
    • 無料・フリーソフト
    • インストール不要
    Archive Pass Retriever」の使い方
    1. Vectorからソフトを無料でダウンロード
      https://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/util/se441100.html
    【【無料】 zip / rarファイルのパスワードを解析するフリーソフト「Archive Pass Retriever」】の続きを読む


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote




    お世話になっております。
    理系男子の流儀」管理人の「やな」です。


    Amazon Kindle 「Fire HD」


    先日、Amazonの電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimitedで、音楽制作の専門誌「サウンド&レコーディング・マガジン (通称:サンレコ)」が読めることに気付いたので、情報展開いたします。

    サンレコとは
    『サウンド&レコーディング・マガジン』(Sound&Recording Magazine) は、リットーミュージックが日本で発行する音響技術・録音技術の専門誌です。 (wikiより引用)

    記事の内容は、プロが実際に行なっているテクニックの紹介や、使用機材の紹介で、DTM中級者以上向けだと思います。以下のAmazonでは、少し中身を試し読みできます。


    Kindle Unlimited とは
    月額980円で12万冊以上の本、コミック、雑誌をKindle(電子書籍)で読み放題可能なプランです。
    Amazonプライム会員とは、別枠なので、プライム会員でもそうでなくても、月額980円が加算されます。非常にお得なプランなので、私も昨年から入会しています。



    電子書籍リーダーは必須?
    Amazonから販売されているタブレット「Fire HD」

    上記があると、重量400g以下なので持ち運びが簡単で、外でも気軽に電子書籍が読めます

    ただ、家でしか書籍を読まない方や、外ではノートPCを持ち歩くという方は、PC用の無料アプリ「Kindle For PC」があれば、電子書籍リーダーは不要です。


    紙の書籍と電子書籍読み放題でどちらがお得か
    • 紙媒体の書籍の場合、定価900円
    • 電子書籍読み放題の場合、月額980円
    極端な仮定ですが、絶対にサンレコしか雑誌・書籍は読まないという方は、紙媒体で毎月購入するのが良いでしょう。
    一方、Kindle読み放題プランのラインナップの中で、サンレコ以外にも毎月読んでいる雑誌がある方、読みたい書籍がある方は確実にお得です。

    Kindle読み放題プランのラインナップ
    上記のようにラインナップは、12万冊以上あるので、さすがにサンレコ以外にも読みたいものがあると思います。
    【【Amazon】Kindle読み放題プランでDTM雑誌「サンレコ」が読めます】の続きを読む




    スポンサード リンク


    このページのトップヘ