理系男子の流儀

化学系研究開発者が音楽、仕事、お金、恋愛、ライフハックについて自分なりのノウハウ・嗜好を紹介するブログ。特に知識・音楽の収益化、資産運用、ライフハックについて有益な情報を発信したいと考えています。 ※元 : DTM速報 (DTM情報ブログ / 2ch DTM板 まとめサイト)


    スポンサード リンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



    お世話になっております。

    試験管

    ブログ名を「DTM速報」から「理系男子の流儀」へと変更し、方針を変更しました。


     方針変更前
       バンドサウンドに特化した個人DTMブログ

     方針変更後
       化学系研究開発者が音楽・DTM、仕事、お金、ライフハックについて自分なりのノウハウ・嗜好を紹介するブログ。特に知識・音楽の収益化、資産運用、ライフハックについて有益な情報を発信。


    今後、DTMだけでは有益な記事を書くことが困難だと判断し、様々なジャンルの記事を書いていきたいと思い、方針とタイトルを変更しました。音楽は人生の30%程なので、残り70%についても記事にしていきたいという訳です。


    詳細は以下にまとめてあります。
    方針変更の理由の詳細

    【抱負】2018年 当ブログの方針について : DTM速報【抱負】2018年 当ブログの方針について : DTM速報 


    ブログ名選定理由の詳細

    【実践】 人気になりやすいブログ名 / タイトルの決め方 : DTM速報【実践】 人気になりやすいブログ名 / タイトルの決め方 : DTM速報 


    【【お知らせ】 ブログ名および方針を変更しました (元 DTM速報)】の続きを読む


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



    PC

    お世話になっております。

    以下の記事に書いたように、さっそくブログ名 / タイトルの変更を検討しましたので、その経緯を展開いたします。前提条件として、目的は「コンセプトに合致」していて、「人気になりやすい」ブログタイトルを付けることとしました。(※コンセプト = 音楽の話、仕事の話、お金の話、恋愛の話、ライフハックについて情報を発信。)

    新しくブログを始めようとしている方、ブログ名の変更を検討している方のご参考になれば幸いです。

    【抱負】2018年 当ブログの方針について : DTM速報【抱負】2018年 当ブログの方針について : DTM速報 

    目次
    • 全体像の把握
    • 傾向の分析1 「人気になりやすいブログ名」
    • 傾向の分析2 「コンセプトにあったブログ名」
    • ブログ名の決定
    全体像の把握
    何事もまずは、全体像を把握することが重要です。そのためにWEB検索し、以下のページを見つけました。


    【鉄板!ブログタイトルの付け方】~人気ブログ50から学ぶ傾向と対策~ - 腐ったみかんは俺かお前か?【鉄板!ブログタイトルの付け方】~人気ブログ50から学ぶ傾向と対策~ - 腐ったみかんは俺かお前か? 

    上記記事では、人気ブログのタイトルが羅列されていて、どのようなタイトルがあるのか全体像を把握することができました。また、『「名詞1」+「名詞2」』というブログ名が多いということがわかりました。ここで、「名詞1」には自分自身を端的に表した言葉が入ります。

    例) 「◯◯の日記」、「◯◯キッチン」など
    傾向の分析1 「人気になりやすいブログ名」
    次に、人気ブログになるためのタイトルの付け方を論理的に説明している記事を探しました。その結果、以下の記事が見つかりました。

    圧倒的な差を生むSNS時代の「ブログ名」の付け方、決め方 - 小倉さんは考えた圧倒的な差を生むSNS時代の「ブログ名」の付け方、決め方 - 小倉さんは考えた 

    上記のブログ自体が少ない記事数でバズることができており、それがブログタイトルによる効果だと説明しています。この記事によれば、全体像を把握した際に見た、人気ブログに多い「◯◯日記」「◯◯のブログ」などは、シェアされやすいブログのタイトルとしては最善ではなくハードルが高いとのことです。
    では、「良いブログタイトル」を付けるにはどうすれば良いのでしょうか。要点を抽出すると、「フラット」で「パブリック」なブログ名を狙うべきとのことです。ここで、フラットとは「主義・思想が強くないこと」、パブリックとは「私的でないこと」を示しています。タイトルに主義・思想が入ってしまうと、記事の内容に共感していても、タイトルに共感できない場合は、シェアしにくい状態になってしまう可能性があります。

    また、個人ブログに期待されている役割である「レビュー」と「考察」「解釈」をしていることがわかるタイトルであることが重要とのことです。

    例) 小倉さんは考えた (上記のブログ名) 

    傾向の分析2 「コンセプトにあったブログ名」
    次に、コンセプトにあったブログタイトルの付け方を説明している記事を探しました。その結果、以下の記事が見つかりました。

    ソーシャル時代を勝ち抜く「ブログタイトル」の決め方ソーシャル時代を勝ち抜く「ブログタイトル」の決め方 

    要点を抽出すると、「人生すべてネタ」を実践できるブログ名が良いとのことです。理由は、ブログ名に、「ギター」や「DTM」と入れてしまうと、ブログネタが限定的になってしまい困ることになるからです。また、他のテーマの記事を書くとブログの軸がブレてしまいます。(※2017年末時点の当サイトの状態ですね。)
    また、有名人ではない場合は「個人名(ハンドルネーム)を入れない方が良い」とのことです。記事を書いている人がどんな人かイメージが湧きにくいからです。

    ブログ名の決定
    上記のような手順で、情報を集めました。「コンセプトに合致」していて、「人気になりやすい」ブログタイトルの付け方をまとめると以下のようになります。
    1. 「名詞」+「名詞」
    2. 「フラット」で「パブリック」
    3. 「レビュー」「考察」「解釈」をしていることがわかる
    4. 「人生すべてネタ」を実践できる
    5. 個人名(ハンドルネーム)を入れない
    【【実践】 人気になりやすいブログ名 / タイトルの決め方】の続きを読む


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



    昨年(2017年)は大変お世話になりました。
    DTM速報管理人「 ロケットえんぴつ3号」です。  

    088A2878

    ご挨拶
    いつもたくさんの方々にブログYoutubeTwitter等閲覧頂き大変感謝しております。 皆様のブログ記事の閲覧、制作楽曲の視聴が何よりのモチベーションとなっております。

    さて、2018年最初の記事ですが、当ブログの方針について記載したいと思います。

    目次
    • 更新頻度について
    • 記事の内容について
    • ブログ名について




    更新頻度について


    最近は、音楽・ブログに割くことができるリソースが減っているため、1年間で30記事(=2週間に1回)の投稿でした。(2016年の半分の更新頻度です…。)

    "DTM速報"と検索するか、あるいはブックマーク等から直接トップページにアクセスし、更新の有無をご確認して下さる方が多く、大変心苦しいのですが、2018年も不定期更新になることが予想されますので、予めご承知おきください…。


    音楽・ブログに割けるリソースが減っている理由は、平日(月~金)仕事終了後の時間、休日(土日・祝日)に主に以下のことにリソースを割いているからです。
    1. 資産運用 (の計画立案)
    2. 恋愛・婚活
    上記項目について、簡単に後述します。


    1. 資産運用

    株価-ワールドマーケット

    2015年4月から運用を開始し、2017年12月末時点で、トータル+192万9108円となっています。32ヶ月間で平均すると、1ヶ月あたり6万円の収入となっています。ローリスク・ローリターン狙いで、副収入としては悪くはない数字だと思っています。(収入は二次曲線的に増えているので、月あたりの平均は最近のイメージとしてはあまり正しくないですが。)

    主な趣味としてDTMをやっていて、資産運用もやり、さらにブログを書いている方はあまりいないと思いますので、お役に立てそうであれば、今年は資産運用のノウハウも積極的に公開していきたいと考えています。 (需要はアクセス数やSNS等での反応で判断予定)


    2. 恋愛・婚活

    s-h
    ↑ 婚活(?)の一例。掲載許可済み。テレビに出たことがある方なので、気にしないとのことです。

    大学生の頃からブログを運営してきた管理人ですが、いつの間にか気付けば20代後半になってしまいました。内閣府の結婚率の調査によると、2015年では、25~29歳で男性72.5%、女性61.0%が未婚とのことです。つまり、20代後半の男性は3人に1人は結婚しているということになります。また、30代前半になると、2人に1人の結婚率になります。

    内閣府 - 「未婚化の進行」
    http://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/data/mikonritsu.html

    私の周りの同年代(20代後半)の様子をみると、大体4人に1人くらいは結婚しているような感じなので、調査と大きな差はないようです。

    私の場合、最低2年は付き合わないと結婚するかどうか決められないという考えですので、さすがにそろそろ結婚を考える必要があるなぁと思い始めました。というのも、過去の恋愛では、お付き合いをしていても、結婚を見据えると全くそのビジョンが見えなく、お別れするということを繰り返してきたからです。結婚のメリット・良さが全く見い出せていないのが原因かもしれません。

    婚活・恋愛についても、私の経験が同年代あるいは少し下の年代の方のお役に立てる可能性があるので、体験談や考えを公開するかもしれません。失敗談を中心に記載するので、反面教師として頂けると幸いです。





    これらを踏まえて、今後の記事の内容について後述します。
    【【抱負】2018年 当ブログの方針について】の続きを読む




    スポンサード リンク


    このページのトップヘ