DTM速報

元 : 2ch DTM板 まとめサイト
現 : DTM情報ブログ (バンドサウンドに特化)


    スポンサード リンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



    お世話になっております。
    DTM速報管理人「ロケットえんぴつ3号」です。

    Bauhutte  BM-119(ギタイスPRO) (29)

    先日、女声ボーカルロックバンド「はちいろ」さんのミックス依頼をお受けしました。
    バンドさんの意向で、当サイトでパラデータを公開させていただくことに
    なりました。今回は、このパラデータと、ミックス後の音源データを比較し、
    ミックス方法の解説をさせていただきたいと思います。

    ※パラデータとは
     楽曲において、各楽器を個別に書き出したデータのこと
    解説楽曲のパラデータ ダウンロードリンク
    Google Drive パラデータアップロード
    https://drive.google.com/open?id=0B2m67CZe7NVdeUVaaUhkUExEUXc
    ※Google Drive。フォルダ内一括でダウンロード可能です。

    ミックス処理前後の音源
    全楽器ミックス処理後の音源



    全楽器処理前の音源 (依頼者様の仮ミックス)


    処理前後の音源をお聴きいただき参考になりそうだと判断された場合、
    以下の解説をご覧ください。
    1. ドラム音源の選定
    ドラムセット

    今まで、宅録バンドさんから50曲以上のミックス依頼をお受けしてきましたが、
    ドラムは打ち込み音源であることが大半です。
    ただ、打ち込みだからといって、必ずしも楽曲のクオリティが低くなるということは
    ないと考えています。むしろ、スタジオ等でエンジニアなしでセルフレコーディングした
    場合は、打ち込みドラム音源の方が良い結果になることが多いのではないでしょうか。

    楽曲のクオリティを大きく左右するドラム音源の選定ですが、生ドラム音源の定番として、
    FXpansion 「BFD3」XLN Audio 「Addictive Drums 2」TOONTRACK「SUPERIOR DRUMMER 2.0」が挙げられます。少なくともこのいずれかであれば、クオリティは担保され、
    他の録音した楽器と良く馴染むでしょう。

    今回のご依頼楽曲では、打ち込みでCubase付属ドラム音源が使用されていたため、
    生ドラムらしさを出すことが非常に困難でした。よって、MIDIファイルを頂き、
    以下のドラム音源で鳴らし、差し替えました。


    【おすすめドラム音源】 Superior Drummer 2.0 【メタルコア・ポストハードコア用途】 : DTM速報【おすすめドラム音源】 Superior Drummer 2.0 【メタルコア・ポストハードコア用途】 : DTM速報
    ※私は、BFD (DEMOバージョン)、Addictive Drums、Superior Drummer、全てを使用し、
    比較しましたが、総合的にSuperior Drummerを選択しました。詳細は上記記事ご参照。
    2. ドラムのミックス処理
    処理前の音源


    ベロシティ調整+ミックス処理後の音源



    今回行なった処理 【【初心者向け】 宅録ロックバンド曲のミックス方法 「ドラム編」】の続きを読む


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



    お世話になっております。
    DTM速報管理人「ロケットえんぴつ3号」です。

    最近は専ら7弦ギターを使用しています。
    制作する曲によって、チューニングを変えるのですが、
    Googleで調べても自分の設定したいチューニング方法が
    一覧で出てこないので、自分の備忘録のために記事にまとめました。

    7弦ギターのドロップチューニング方法

    Ibanez - RGIR27BFE (Iron Label RG Series) (1)


    事前注意として、以下で紹介しているDrop E チューニングにして弾くと、
    こんなことになってしまうので、くれぐれも下げ過ぎにはご注意を。



    【使用機材】
     DAW / Steinberg Cubase Pro 8.5
     Guitar / Ibanez Iron Label RGIR27BFE (WNF)
     Bass / Ibanez SR505 (TKF)
     Drums / TOONTRACK Superior Drummer 2.0 + SDX METAL FOUNDRY
     Preamp, Multieffects Processor / Fractal Audio Systems Axe-Fx II XL
     Plugins / WAVES





    レギュラーチューニング
    7弦-B
    6弦-E
    5弦-A

    4弦-D
    3弦-G
    2弦-B
    1弦-E

    ※以降の「◯音上げ」、「◯音下げ」という表現は、このレギュラーチューニングに対して
     各弦が何音上下しているかを示しています。 【【ギター】7弦ギターのドロップチューニング方法】の続きを読む


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



    お世話になっております。
    DTM速報管理人「ロケットえんぴつ3号」です。


    管理人Twitterでは、既にアナウンス済ですが、
    こちらのサイトでも情報展開いたします。

    IK MultimediaがVSTプラグイン「T-RackS / Opto Compressor」を
    無償配布しています。(通常約1万円)
    2017年2月10日~16日までの期間限定です。

    T-RackS / Opto Compressor
    T-RackS CS Opto Compressor

    光学式コンプレッサーのサウンドには、独特の質感があり、近年、プロにも注目されています。 Opto Compressorは、ハイエンド光学式コンプレッサーの特徴である極めて音楽的な「ふるまい」を、アナログ・モデリングで忠実に再現しました。ハードウェアの光学式コンプレッサーには、コンプレッション時に歪みや音質の変化が全く存在しないという特性がありますが、Opto Compressorでもこれと全く同じ特性を実現可能です。Opto CompressorはStereoまたはMSモードで動作します。
    公式サイトより引用




    さらに、入手時に、T-RackS Custom Shopをインストールすることで、
    「T-RackS Classic Equalizer」と、「T-RackS Meter」を同時に無償で入手できます。

    T-RackS Classic Equalizer
    Classic T-Racks Equalizer
    Classic T-RackS Equalizeは、マスタリング環境で最高の性能を発揮するよう特別に設計された、高品位な6バンドEQです。EQの構成は、4ポール・ハイパス・フィルター (16Hz~5.3kHz)/Lowシェルビング・フィルター (30Hz~200Hz)/Low-midピーク・フィルター (33Hz~5.4kHz 可変式帯域幅)/High-midピーク・フィルター (200Hz~17.5kHz 可変式帯域幅)/Highシェルビング・フィルター (750Hz~8.5kHz)/4ポール・ローパス・フィルター (200Hz~18kHz)の6通りです。それぞれ周波数帯域とQを調節可能です。楽器からボーカルなどさまざまな素材に対応したプリセットも用意されています。
    公式サイトより引用 

    T-RackS Metering
    T-RackS Meter
    ピーク・メーター、ラウドネス・メーター、位相、RMSメーターなどの内蔵メーター・セクションと、ピーク、RMS、アベレージ・メーターを搭載したスペクトル・アナライザー。
    公式サイトより引用  



    ダウンロード方法

    【【2017/2/16まで】T-RackS Opto Compressor 無料配布中】の続きを読む




    スポンサード リンク

    このページのトップヘ